福建へようこそ!
春(3月~5月)
.
春の景色が美しくて春らんまんだ。春先にピクニックに出かけ、花を愛でる。清新のコロンス島をぶらぶらと散歩しながら軽食を食べる。また世界建築博覧を見物する。古風な雲水謡でスケッチする。南靖県・永定県土楼の景色は絵のようで、優れて特色がある。泰寧風景名勝区は福建省北西部ならではの風景がある。
夏(6月~8月)
.
高温高熱のに、山水遊ぶいい時だ。长泰と武夷山脈のラフティングが大人気。厦門の白い砂浜、平潭島の海水浴場とレジャーランド、福鼎太姥山および寧徳市屏南の白水洋、どっちも夏ならではの興味を楽しめる。「ストーブ」と称する福州へ行くなら、ちゃんと暑気あたりを防ぐ。
秋(9月~11月)
.
空気の多少冷ややかに感じる。8月の末、常に雨が降り続く。福建省中部に「残暑」でる可能性もある。この時期の天気はめまぐるしく変わる。しかし、遊ぶのはよくない観光地がありません。なぜといえば、、いつか雨はやみ、日が射す。福州鼓嶺、連城冠豸山、漳州の東山島、恵安県の崇武古城、霞浦県の楊家渓などをすすめる。
冬(12月~2月)
.
省内に平均気温は10度ぐらい。暖かい冬が好きな人にとって、福建省南部はいいところだ。厦門で海に向って花をめでる。あるいは福州・漳州の温泉に行く。それとも泉州の清源山にのぼる。どっちもすばらしい経験だ。寒い時、福建北部の浦城、武夷山脈は雪が降り、福建では珍しく雪が見えるところだ。