海峡西岸の姿を発見!
閩道は困難から順調に変わる
「閩道の難は、蜀道よりも難し」という。約20年前、福建省内に高速道路は1メートルもありません。福建行くなら、閩人は鉄道に抱く感謝な気持ちがしっかりとわかる。福建でドライブ旅游すると、トンネルが多いすぎると感じる。山の洞穴が一つまた一つ続く。トンネルが多い、こうするのに山が高い。武夷山脈は福建省の境界にまたがり、中国大陸東南部の最高山系である。古代、中原から福建までの難しさは想像に難くない。
閩は海に囲まれ、海に恵まれる
三面を山に囲まれ、一面を海に囲まれた土地。北上しない人は冒険心溢れる閩商になる。南洋下りの物語を創造する。
媽祖は遠洋航海する閩商のなかで特に信仰を集めているが、台湾でも媽祖信仰が盛る。媽祖は中国航海文明の信仰の象徴に発展する。 実は「山海経」に「閩は海に囲まれ」という文字がある。海は福建省の特徴だ。海岸線の直線距離はただ500キロメートルだが、3752キロメートルに及ぶ入り組んだ海岸線を持つ。屈折率が大きいから、中国で一番長い海岸線を持つ省になる。福建に大勢の湾、島、港がある。一つ一つの島は山と海に境界線を引く。
過去をはるかに思って、福建は「海のシルクロード」の拠点で、泉州は古代に一番大きの港だった。原因の一つは鄭和の西洋下り船団はだいたい福州船政製だ。福建で生産する船は遠洋航路に功績をあげる。
住みやすい福建
  • 福建は住みやすい所の一つに挙げられる。福建省基本的は中亜熱帯区に属し、閩東南は南亜熱帯に属する。山を背に川に臨み、山々がそびえ立ち、丘陵が次々に続いている。中に河谷と盆地があり、「六水三山一田」という。環境は人を造る。福建は产物が豊富で、人材が杰出する良い土地である。

  • 福建は美しい風景、住みやすいで名高い。気候が温暖で、草木が盛んに枝葉を茂らせる。冬でも肌寒くない。福建省では森林の比率(森林率)は65%で、多年に全国第一位を占める。大気と水源も長年標準に達する。青々とした山と綺麗な水はパレットのようだといえば、「清新福建」は福建ならではの優れた点である。すがすがしい空気は旅行、休み、暮らし、隠居にむきだ。