閩台一家においでよ!
かいきょうけしき
  • 閩人にとって、台湾は知っているようで知らないところだ。両岸には特別な感情と関連がある。福州から台湾島まで68海里と距離が最も近い。台湾が所管する金門まで18海里があり、馬祖列島まで34海里がある。厦門から金門まで1800メートルと距離が最も近くて、船でただ30分かかる。地図では一衣帯水の地、近いのに遠く離れそうだ。

  • もう一つ取り上げたいのは台湾の付属島嶼だ。島嶼は台湾の一番長い歴史、もっとものんびりとした暮らし、最上の綺麗な景色、最濃厚の文化を持つ。戦火過去の金門、俗世間を離れる馬祖列島、波が荒い澎湖群島、古くから伝わる神話ある小琉球、素朴な蘭嶼及び神業な綠島が存在している。これらの島嶼はまるで海に忘られる真珠のようだ。

  • 現在まで、福州、厦門、泉州、漳州、竜岩を含め、中国で台湾個人旅行が許可される都市は47に達する。大人気の台湾に旅をする場合、一ヶ月早めに「大陸居民来往台湾通行証」と「中華民国台湾地区入出境許可証」を準備したほうがいいだ。