都市の名所 もっと多い >>
  • 東海仙境景区は流水鎮の流水鎮王爺山の南麓浜に位置し、数里に延々とする険しい崖と峰が海を向き立って、東海は大波滔天で、千軍万馬の勢いみたいに襲ってきて、「波が打ち寄せ、千山の雪を巻き上げ」のような気勢が、珍しい潮見な所であります。その景区には1

  • 国家重点風景名勝区、福建省平潭県に位置しており、祖国の大陸から台湾までの距離が最も近いところであります。花崗岩で構成された海蝕地形と海辺ビーチを主 な自然風景区をしています。風景区の総面積は71平方キロメートル、中で大陸面積が49平方キ1

  • 龍鳳頭海水浴場を言えば、殆ど全ての海島人の頭の中には、ぎっしりとするモクマオウ林は、海風が吹いてカサカサ音をたてて、森を通して、青々としたビーチが目の前に呈するという場面が浮かべます。夕陽が西に沈む時に、海面は満天な霞と映り、魚取りから帰る1

  • 半洋石帆を言えば、平潭当地の人はいつもそれを親しくに「石牌洋」と称します。半洋石帆はそのヨットの独得な造形と海に高くそびえることで海壇島のシンボル景観となり、歴代の旅行者に称賛され、明の時代の旅行家の陳第様に「天下の奇観」と誉められました。1

旅行攻略 もっと多い >>
  • ルームメートから紹介されたのことだが、平潭の環境がとてもよくて風土も純朴だそうです。大きさからというと、平潭は中国の第五位まで数えられ、大陸から台湾に一番近い島であって、福建では「モルジブその二」とも言われています。今度の清明の休みを利用して同僚と一緒に平潭へ遊びに行くことにしました。    まず列車に乗って福州まで行ってから車で平潭(チケットは50元、2時間程度)へ行ったのです。無事で平潭にたどり着いた私達はあの龍鳳頭という町に泊まってるが、そこから海水浴場へとは離れていないのです。        特別注意:観光地に出かける時は、どれも必ず5時半までに最初車を降りる所までに戻って町へ戻る最終便のバスに乗らなければならないのです。観光を済ませたら、どれもいったん町に戻り、それから町から出発するというわけです。    町にはステーシ1

  • 「平潭島、石だらけで草はない、風と沙が走り回るように、部屋は堡塁のように……」という古い歌が前世の平潭の寂しさを語ろうとしています。島に花崗岩が多く出産するに従って、人達はそれを現地の原材料として利用し、建物を作りました。堡塁のような石厝は、古から古風な姿のまま、舞台のような風景を遂げるが、風俗独特な民家であるとともに、海島の祖先が「天地と戦う」知恵の結晶でもあり、世界中で頑張っている海島の子孫が胸に抱いてる故郷への想いを乗せ、平潭観光の新しい名刺になりました。次は、石厝を楽しめるあまり知られていない場所を、いくつかご案内させていただきます。大練郷漁限村大練郷は福建省平潭県の北西部海域に位置し、人が住む大練島と小練島と、60個の無人島からなっています。大練郷漁限村の石部屋も山の傍に建てられ、不規則な石から磨いた壁になったので、石厝の並べも抽象絵画のように不規則になったのです。本島から遠く離れ1

パスファインダー もっと多い >>