都市の名所 もっと多い >>
  • 曾厝垵は厦門の南部に位置し、東の方は城石砲台と黄厝と隣接し、西の方は胡里山砲台と隣接し、南の方は環島路まで、大担島と海を隔て、北の方は御屏山の西姑嶺まで、三面は山に囲まれて、一面は海に面して、面積は約6.5平方キロで、風景が美しい。ここは鼓浪1

  • 国家AAAAA級風景区、国家重点風景名勝区。アモイ島の西南隅に位置しており、アモイ島と500メートルの鷺江を挟んでいます。周辺海域はアモイ港の主な 部分として、絶滅に臨している中華白イレカ保護区、ナメクジウオ保護区、大屿島白鷺保護区があり、金門1

  • 全国重点文物保護単位でアモイ島の南先故里山の海辺に位置しております。砲台総面積は7万平方メートル余りあり、城郭面積は4.7万平方メートルでありま す。付属施設としては地下道、弾薬倉庫、兵営、官庁、頂上眺め庁、電力井戸と地下水排泄システムなど1

  • 環島路は厦門の国際マラソン大会のメインコースであり、世界で最も綺麗なマラソンコースと誉められます。環島路を沿って自電車をかけながら、波の声を聞いて、海風を吹きさせて、本当に一種の楽しみであります。神島路はたくさんの名所と繋がり、胡里山砲台、1

旅行攻略 もっと多い >>
  • 小嶝島はアモイ十大美しい田舎の一つで、福建十大最も美しい田舎の候補リストにも入選されたけど、結局アモイの呂塘村に負けてしまった。呂塘にも小嶝にも行ったことのある人は、きっとびっくり感じる、なぜこんなに美しいところは落選になったのか、私もわからない、近地の友達からわけを聞いたが、やはり民間での噂に過ぎないので、信頼できるかどうかわらないから、ここでこんな話を書かない。このような砂浜に身を置くと、名残り惜しく去り難いだろう?小嶝はちっちゃいが、多くの唯一無二な雄大景観を持っている:長さは約1,300メートルで全島を貫く人工防衛トンネル、宋代の有名な理学家邱葵の旧居、樹齢500年余、今でも毎年に咲く「八閩鉄樹王」、戦地に台湾への放送塔遺跡……その中に一番おおきい景観は岸向こうにある金門島である。両地の間に最短距離は1.8キロメートルしかないから、小嶝の雄庭鳥が鳴ったら金門の雌庭鳥が目覚めるという冗談がある1

  • もともと8時に出かけようと思ったのに、結局妻と二人とも寝過ごして、9時過ぎまで寝てしまった。急いで荷物を片付けて朝ごはんを食べてから出掛けました。ただいま閩粤料金駅までたどり着き、料金駅を過ぎてから少し進むと、広東を遠く離れていた。厦門に到着した時は、ちょうど正午にあたり、真っ先に潮州料理美食家張新民先生に勧められたレストランの融絵で食事をして、多国料理、幾つかの料理を注文したが、いずれも美味しいものであった。大人2人と子供2人の4人で、最後の食事代を清算したら150げんになって、お買い得!2人の子供は海苔炒飯が大好きでしたが、私はこの胡瓜の種とニンニク肉炒めが大好きでした。何本も胡瓜を食べたかがさっぱり知らなかった。南普陀夏の蓮多くの寺に行ったことがあるが、今のように寺を市場化にする時代で、南普陀こそは本当に修業するお寺で、チケットはいらなくて、線香の贈りもので、線香と蝋燭の持参は断られ、高香を1

パスファインダー もっと多い >>