都市の名所 もっと多い >>
  • 鹅尾山の神石園景区は湄洲島の一番南に位置し、一億三千年あまりの時間で風化されて形成した独得な奇景であり、地質専門家に世界で珍しい波蝕台地と評価されました。公園はその形状が鵝の尾に似て、岩石が奇特で有名になりました。ここの様々な奇特な石は神と1

  • 国家水力風景区、省級風景名勝区であり、福建省莆田市仙遊県の東北部に位置しており、仙遊県の都市から31キロメートル離れています。風景区は湖、洞、滝、 石の四奇があり、中でも飛び滝が最高で「九鯉飛び滝天下奇」の美名があります。それで武う夷山、1

  • 九龍谷旅行リゾート区は本来「莆田市のバックガーデン」と称賛されます。景区は数十キロの敷地で、森林のカバー率は95%も達しました。景区内では山並みが起伏し、蒼蒼たる林木、木陰が空と光を隔て、古藤交わり、九級瀑布が水玉を噴き出し、気勢が雄大で、山1

  • 国家AAAA級風景区、国家旅行旅行休養地であり、福建省莆田市に位置しており、莆田市センタから約42キロメートル、台湾台中港から72海里離れています。湄洲島の陸域面積は14.35平方キロメートルで、「マーツー聖地、海上明珠」の美名があります。海岸線の長さ1

旅行攻略 もっと多い >>
  • 莆田の九鲤湖は仙游の钟山鎮にあるが、周辺の福清や泉州などの君たちが週末を利用して、山の新鮮な空気と特別な景色を楽しみに来ることをお勧めしますよ正門に入ったら指示に従って、雷轰滝と通仙橋を順番に通りかかるのです。ちょっと難しい山道を越えた後は古氷河の遺跡になり、もっとも壮観で落差45メートルもある滝———珠帘滝が見えます。観光地では一番見所がある場所と私は思います。水の声が大きくて白いです。九鲤湖のサイトには、雨上がりの日差しで虹まで見えると書かれたが、滝に着いたころはちょうどそういう時なのに、虹が見えませんでした。山の小道に沿って行き続け、東鳳寨の窓口に出ました。東鳳寨の入場券を買わずに最後の滝———石門滝を見たかったら、谷をまず登ってから下りなければなりません。入場券も買わないのに石門滝へ向かった人達が遠回り道を選んだところを目にしながら、きっと疲れるねと私は思いました。この滝までたどり着1

  • 8月22日、まだ仕事で戦っている友には申し訳ないが、休んで旅行をしに行きました。この夏は周辺のコースだけだったが、旅を月に二回もすることができることは、充実で満足しました。2006年の時、一度湄州島に行ったことはあったが、汚くて混雑で料理も美味しくなかったのです。あれはセルフサービス旅行なので、南少林寺、広化寺にも行ったし、新鮮だがすっぱくて食べられない枇杷をたくさん買ってしまうから、あまりいい印象は残りませんでした。九鲤湖のほうは行ったことありません。巡礼といっても、最初はそいう目的ではなくて、ただちょっと行ってみたいだけなのです。湄洲島への船賃は7元で、鼓浪嶼で有料なのは片道だけだったことと違って、往復の両方とも船賃を出さなければなりません。島に登るには50元だが、鼓浪嶼ではまたフリーです。船の中から遠く湄洲島を眺めます泊まってる小さな漁船観光地に入る鐘鼓楼左側にあるのは天后宮で、世界中の媽祖廟1

パスファインダー もっと多い >>
都市の交通