都市の名所 もっと多い >>
  • 甘露寺は泰寧風景名勝区の金湖の西岸に位置し、人形山の西側にあり、最初は宋紹興十六年(紀元1146年)に建てられ、今になってもう800年の歴史もあり、「一柱が土に挿し、瓦一片も使わない」という独得な建築結構を採用し、国内外でも有名なお寺の一つであり1

  • 国家AAAAレベル景勝地で、国家重点景勝区です。泰寧県城西南部に位置して、東北方向と南北方向への連続しない“人”形盆地で、面積が67.06平方キロメートルです。殷紅の岩くずから構成し、エリア内の溝と谷が深くで、各丹霞地形景観が完璧に発育し、水上丹霞1

  • 泰寧の尚書第建築群は明の時代の民居建築群であり——尚書第は「五福堂」と俗称され、明時代の天啓年間の兵部尚書兼太子の先生の李春烨の邸宅であります。尚書第は天啓三年から七年(1623-1627年)に建設し、邸宅は西に座って東に向き、南北の長さは87メート1

  • 丹霞地形景観を主体とすると共に、いくつかの花崗岩地形景観と人文景観が趣を添えます。丹霞地形の空間構造は:北に龍湖鎮の天成岩から、西南へ上清渓、泰寧 城関を通じて読書山、記子頂に至り、その後に南へ猫児山、龍王岩、八仙崖(大牙頂)を通じて、1

旅行攻略 もっと多い >>
  • 桂峰村は福建省三明市尤溪県洋中鎭の北東に位置し、海抜550メートルで、半高山谷である。山々に囲まれ、雲霧で付きまとい、どこまでも山紫水明である。気候が穏やかで心地よいここは歴史上に「山中理窟”」や「雲霞仙境」などとも言われている。2003年1月、福建省人民政府に「歴史文化的な名村」と認定された。尤溪の棚田から下りて、もう正午過ぎの時点になった。桂峰村に着いた時、天気は完全に晴れ切り、太陽も久しぶりに笑顔を出してくれた。その時、本当に一刻も早く雲山村へ日没の撮影に戻りたい。近年来、政府も桂峰古村の開発に専念し、今は村道の増築など盛んに土木工事を興している。交通が一時的に不便であるにも関わらず、観光客が絶えずに各地から集り、バスや車の陣が村口に並んでいる。中に鉄筋コンクリート造の現代建築物があっちこっち唐突に現れてやや殺風景であるが、村中の古い建物は殆ど完璧に保存され、全体の構造も依然として完全に存1

  • 閩江は源である建寧即ちここから発祥している;福建省山の頂点として最高峰の一つである建寧金繞山はここにある;ここの地質や地形は27億年前から形成したので、福建省土の母ともされている。ここはまた「中国建蓮の郷」、「中国黄花梨の郷」とも呼ばれている。これらの有名な称号以外に、人々の視線を引くのが、山を覆い渡すほど咲いた桃と梨の花、鴛鴦湖の上に水を楽しんでいる鴛鴦と白鷺、金繞山「一覧衆山小」の壮大な勢いである。   「中国黄花梨の郷」として、建寧県所々に梨の木が植えている。3月21日となると、ちょうど24節季の「春分」なので、建寧県12万ムーの桃と梨の花が咲き、丘全面を染め、春の白雪のように大地へ舞い降りて、人々の注目を奪っている。鴛鴦湖は全国の「建蓮の郷」である建寧県均口鎮の黄嶺村に位置し、閩江を源としている渓水より成っており、長さ4キロに幅100mとなっている。水質と周りの生態環境がとても優れて1

パスファインダー もっと多い >>
都市の交通