都市の名所 もっと多い >>
  • 恵安県バスステーションから公共バスを乗って崇武バスステーションまで 8元かかります。

  • 公共バス2番、2番夜勤、40番、601番、602番を乗って【開元寺】ステーションまで乗ります。

  • 1、市内から永春の牛姆生態旅行区までの専門線があります。又は長距離バスを乗って、泉州から―永春まで、それから下洋鎮までのバスに乗り換えます。2、マイカー路線:厦門--泉三高速道路--下洋から高速道路を降りて--牛姆林まで

  • 歩行市の中心の華僑ビルから何分間歩いて着けます。 公共バス3番、4番、5番、6番、7番、8番、9番、16番、18番、19番、26番を乗ります。

旅行攻略 もっと多い >>
  • 清源山は泉州市に位置し、泉州市の代表名所として他の景勝地に比べると、より文化的な歴史感が漂っている。清源山は最初に秦代に開拓され、唐代の発展を経て宋、元代に全盛期をむかえている。山の上に沢山残されている文物古跡の中に、一番有名な宋代の老君石像、九日山の祈風石刻等がある。清源山は中国名山中の一つとして、国家自然と文化両遺産、国家級5A景勝地、道教聖地の呼び名もあり、古くから「中国大地を回り、清源山で悟る」の説がある。景勝地は清源山、九日山、霊山聖人墓の三つから成り、総面積62km2、主峰標高498mである。清源山は冬暖かく夏涼しいのう温暖湿潤気候なため、一年中四季の観光に適している。チケット:正門/30元、老君岩/15元、賜恩山/15元、セット/50元、年間/80元。交通手段:観光バス601線/3線。門に入って直側、老君岩が見えてくる。老君岩景勝地には、寺院道観が見当たらないが、木の下に悠然と座っている二人の道士は、天か1

  • 福州から泉州に駆けつけた午後、春節なため、バスが町の中心で渋滞するほど、街は非常ににぎやかであった。そのとき私の目に入ったのがポーチコ建築である。アモイの傍にある町としての泉州で、魅力にあふれる旅がここで本格に始まったのである。昼と夜の様子   東街と西街は泉州の中心地域と言えよう。大きな粽を食べたければここが正解!私は侯阿婆のが一番美味しいと思う。侯阿婆の粽は出来立てで、新鮮な味を堪能できる。泉州の大粽、タレがなければ成り立たない、タレを付けて食べるのがルール。西街には非常によく保存されている開元寺があり、入場料も気軽なお値段。弘一法師がここで長年修行をしたため、記念館には弘一法師の生涯が詳しく紹介されている。前に霊隠寺で弘一法師の記念館を見学したが、ここで法師に対しより多くのことを知った。開元寺東西双塔の一つ寺には葉書を販売するところもある面白い郵便ポスト唐の時代から保存し1

パスファインダー もっと多い >>
都市の交通