都市の名所 もっと多い >>
  • 1、厦門、福州、汕頭などの都市から東山島までの直達バスがあり、その中の厦門の湖滨南路バスステーションでは毎日の午前中の八時と午後の一時に東山までのバスがあります。2、漳州東駅の前では東山までのバスがあり、40元/人です。又は8番バスを乗って新城バ1

  • 国家地質公園。福建省の漳州市漳浦、竜海の海辺一帯に位置しております。  漳州海辺火山地質公園の面積は100平方キロメートルで典型的は第三紀火山地質公園であります。風景区は「二山、二島、三湾」からなれております。今から 2861万年から1541万年前1

  • 南靖土楼は漳州市の南靖、華安、平和、诏安、雲霄、漳浦などの県の山地区に分布する土楼であり、歴史が悠久で、数が多くて、規模が大きくて、造形が珍しくて、風格が独得で世の中に有名で、「神話みたいな山区建築」と誉められています。福建土楼は宋の時代に1

  • 大きくない村の真ん中に、せせらぎ小川は悠々と流れ、小川を沿って土楼が山を背にして水に臨み、村人はこの「桃源郷」楽土に生息し、ここは塔木村であります。塔木村には五十何軒の方、園土楼と三十あまりの精巧な青レンガハウスがまちまちに細長い山谷に分散1

旅行攻略 もっと多い >>
  • s字型の渓は山に沿って流れていき、清風の匂いは山中に漂っていて、超然とした桃源郷の錯覚を感じれる。   南国の卿、塔下の村。 ここの物語は元代末明代の初期から始まり、600年余の時を語っている。塔下村は中国において典型的な客家村落である。沢山の人に羨ましく思われている土楼は、ここにも一つあり、有名な傾き倒れ姿で斜めに立っている。福建省西南部では高山と林がこんもりしているため、盗賊と猛獣がよく出るのと、各民系と村の間に時々紛争も生じたりするので、村人は住居と防衛等の機能が一体化となった土楼を沢山築いた。(喧嘩時は多人数、食事時は少人数)家屋は山?河に沿って建てられている。夕日が斜めに射して、渓水の流れ音は耳に入る。隣に可愛い女の子/イケ面が更にいれば、想像するだけで酔い痴れそうになる。10m以上の石竜旗竿23本が、空までに真直ぐ伸びて、凄まじい勢いを漲っている。 ここは蛍の郷でもあ1

  • ある人はパックツアーって言う旅行スタイルが大嫌いけど、私はそう思わない、アモイで旅行する時ついでに土楼に寄りたくて、日帰りするなら、やはり一番便利なのはパックツアーだろうね!    何故自由旅行じゃなくて団体旅行を選んだの?    理由一:観光地の中では観光スポットが分散し、自由観光客は繰り返して車に乗る必要があり、時間的にもチャンと把握できない。    理由二:ここは単純な観光地ではなく、人文文化を持っている素晴らしい所であり、初めて土楼を訪ねる人は、土楼の物語を知らないと、その美しさも充分理解できない。団体旅行なら、ガイドは土楼毎の物語を詳しく説明することできっといい旅になれる。 さあ、私と一緒に南靖土楼の旅に行こうよ第一観光地:田螺坑土楼群    田螺坑土楼群は方形一つ、円形三つ、楕円形一つ、合計五軒の土楼で構成され、真中の方形の歩雲楼と右上の1

パスファインダー もっと多い >>
都市の交通