都市の名所 もっと多い >>
  • 永定客家土楼は世界で唯一な神話みたいな民居で、建築は珍しくて、歴史が長くて、スタイルが独得で、規模が大きくて、結構が精細で、性能が揃っていて、内涵も豊かということで世界でも有名な建築であり、中国の伝統的な民間建築の中で独自に一派を打ち建てて1

  • 福建省連城県国家重点風景名勝区冠豸山の下に位置しており、連城県都市から39キロメートル、長汀県都市から60キロメートル離れており、土楼と一緒に客家の全然違う建築スタイルを展示しています。   建築は30軒余りの華麗な部屋、21個の古祠、6つ1

  • 国家AAAAA級風景区、国家重点文物保護単位、世界文化資産予備地であり、永定客家土楼博物館の縮まれた影であります。福建省永定県湖坑鎮洪村に位置して おり、永定県都市から45キロメートル離れております。永定客家土楼はUNESCOから「世界でも二1

  • 国家AAAA級風景区、国家重点風景名勝区で福建省連城県の境内に位置しており、城の東から1.5キロメートル離れています。連城冠豸山は代表的な丹霞地形であり、明の時代から三江(閩江、汀江、九竜江)の上流の「第一観」と呼ばれてきました。  冠豸山風1

旅行攻略 もっと多い >>
  • 永定の客家土楼は確かに見る値があります。唐、元末明初の時に出現し、だんだん現地の人に受けられて、ガイドの話によると、土楼の建設は当時の闽南の匪賊の侵犯に関わり、それは終始に客家人は自衛して敵を撃退する丈夫な城であります。洪坑村の名所の正門を沿って中へ歩き、最初に我々の眼球を引きつけるのは振成楼であり、正に目が急に明るくなって、ガイドの話によると、それは洪坑村土楼群の中の最も大きな園形土楼であり、「土楼の王子」と誉められます。永定客家土楼の中に、たくさんの土楼は八卦図に沿って設計され、最も経典的な代表は振成楼であります。振成楼は1912年に立てられて、敷地は5000平方メートルで、懸山頂式な結構で、内外二層にわけられ、楼中楼、楼外は楼があるようなレイアウトとなります。外楼は4層があり、毎層は48個の部屋があり、各卦6個の部屋があり、各卦に一つの階段を設置して、一ユニットとします。卦と卦の間に隔火壁を設置1

  • 今日は「永定土楼」に見学に行きます。行程と景区の状況を分析して、やっぱり旅行団に従って行ったほうが自己で旅行集散地から行くより便利で安いため、旅行団に参加して行程に入れ、価格は118元/人で、旅行社はホテルまで迎えに来られるし、集散地に行かなくても済むため、非常に便利であります。土楼—闽西龍岩地区の客家民居建築群は方形、圓形、八角形と楕円形などの形状があり、歴史が悠久で、種類も様々で、規模も大きくて、造形が美しくて、結構が巧みで、効能も揃っていて、科学で実用性が高く、特色があり、極高い歴史、芸術と科学価値が富み、「東方の古城堡」、「世界建築の奇抜」、「世界で唯一無二な建築」と誉められて、世界民居建築の芸術の林に立っています。「永定土楼」は現在の永定県にある土楼のことであり、今日我々が見学予定な土楼は高北の土楼群であります。ここは「圓楼の王」と誉められる承启楼と歴史が悠久な五雲楼、世泽楼及び“博1

パスファインダー もっと多い >>
都市の交通