海壇古城 0A

  • チケット:
    チケットなし
  • 住所:
    福建省平潭総合実験区磹角底村の石牌の西側
  • 電話:
    0591-63018666
  • 開放時間:
    09:00-20:00
  • 遊び時間:
  • 最も良い季節:
    四季を
はじめに

国家重点風景名勝区、福建省平潭県に位置しており、祖国の大陸から台湾までの距離が最も近いところであります。花崗岩で構成された海蝕地形と海辺ビーチを主 な自然風景区をしています。風景区の総面積は71平方キロメートル、中で大陸面積が49平方キロメートルであり、「海辺ビーチ九州第一、海蝕地勢天下第 一」の美名があります。

風 景区には4大の湾、28箇所のビーチがあり、総長さは30キロメートルで、面積は万亩近くあります。海蝕景観で最も目立つのは「半洋石帆」「東海仙境」 「海堪天神」があり、石は千奇百怪、密集して森となっています。海上娯楽施設はボート、海上オートバイ、落下傘等があります。2003年以来、毎年、国際 砂雕刻節、海丹水仙花節、魚家風味スナック節等活動は、大勢のお客さまを引いています。

 

1、バス

平潭県から海壇古城まで行くには、平潭バスステーションで【平潭—将軍山】のバスをのり、車掌に海壇古城で降りることを伝えばいいで、乗車券は5元/人で、時間は:6:00-18:00(半時間で一便)、海壇古城はチケットなし。

2、マイカー

福州-沈海高速道路-漁平高速道路--平潭大橋--平潭県--環島東路--海壇古城、2時間ぐらいかかり、全部127キロあります。