塘屿島 0A

  • チケット:
    チケットが必要ありません
  • 住所:
    平潭南海郷
  • 電話:
    0591-24489111
  • 開放時間:
    通年開放
  • 遊び時間:
  • 最も良い季節:
    春天,夏の,秋が
はじめに

屿島は平潭島の一番南の方に位置し、南海郷に管轄され、島は細くて長い形状を呈し、,塘屿島の一番南はビーチで、天然的な三日月形なシェルターのようなビーチで、泳ぎとサーフィンに利用できる海岸は1000メートル以上あり、海水が非常に清くて、波が大体30-50ミリの間で、水流が穏やかであります。

海壇の天神は屿島の一つの重要な景区として、塘屿島の南海郷に位置し、まるで巨大な男の人がビーチに倒れているように、石人の下半身は柱状の残存風化岩体を残り、少し斜めて上に仰ぎ、高さは4メートルぐらいで、男性のペニスに似て、海峡両岸の婦女が代代血を継ぐ参拝物となります。民間の伝説によると、長い時間結構して妊娠しない若い女性はそれをコンタクトすると、すぐに妊娠でき、北の方の「石祖」のような不思議な作用があります。この海壇天神は四川の楽山の人口彫刻の座り仏様、北京の横なり仏様と比べれば、造形からと言っても、規模と素振りからといっても一層勝ち取れるでしょう。

 

交通:

1、平潭県から出発:

平潭県バスステーションで7:35の芬尾桟橋までの短距離バスを乗って、路程は約16キロで、乗車券は7元で、運転手に芬尾の塘屿岛の桟橋に行くことを伝えて、9:00に出発する船に間に合われます。途中は郁たる木々が茂って、山には巨大な花崗岩石がそれぞれに模様が異なります。大体8:10に芬尾島桟橋に到着し、桟橋には百メートルぐらい石ダムが海の方へ延びて行き、船に乗る前に漁民に聞いて、簡単できっと乗り間違えがありません。

2、福州市区から出発:台江の万達から福清の沃口桟橋までの直達バスがあり、座席は予約でき、直接に運転手の電話をすれば予約でき、普通は昼間の12時に集合して出発し、2時間の高速道路を行使して、直接に沃口桟橋まで到着でき、乗車券は50元かかり、早くて簡単なため、塘屿島本地の人間は殆どこの路線を選択します。第二種な方法:福州バスステーションの北駅から福清南駅までのバスを乗って、乗車券は15元かかり、それからの路線は第二番の線路と同じです。