最近、国務院の指示で半日の休みを多く取れ、楽しくて、やっと道楽を尽きすことができ、以前が夢でも遊びに行く勇気もない活動をしたいと思いました。それで衣袋の中のお金を全数出して計画しようと思いましたが、人民元の切り下げが私の全く関係が無いけれども、あんまり多くなお金がないので、心が詰まっています。後でじっくり考えると、やっぱり自虐な活動をしよう、このいきいきとする熱い胸を釈放できるように、後のボロボロな生活に満喜に戻れるように、行きましょう。 美しい写真を貼り付けて文章を押さえましょう。自虐場所:十八重渓自虐グレード:★★★★特別注意:雨の季節に謹んで考えてください、自虐だといっても命を捨てることではないから。ボロボロな人生をよく歩いていかなきゃね。  現代人の旅行...[明細]
木蘭陂には長い歴史があると大学一年からいままで聞いていたが、ずっと寄ってみる機会はありませんでした。「自分の行ってない所は全部行き甲斐がない」と胸を張って言ったことはあるが、後は、「季節との合性を持ってる場所もあるから、季節がよくないと行き甲斐はない」と修正したのです。今三月の春というと、ちょっと出かけてもいい時期です。木蘭陂に行こうという人もいて、そういう人達の後ろについていくとは思ったが、その団体のメンバーではないからやめました。一週間の後、また写真を撮りに行こうという人が出て、気に入ったが、時間がなくて、また残念です。また一つの週末、ようやくチームを組み、時間の都合もいいし、仲間と一緒に堂々と出発しました。チームのメンバーがビニール袋を持ってるのを見にして聞くと、イチゴを摘み取る時に足...[明細]
湄洲に行く理由は三つあります。とんでもなく碧い海、きれい極まりない宮、そして媽祖の魅力的な伝説。福建の海の女神——媽祖の林默娘については、漁で生計を立てる漁師たちはよく知っています。東南一帯を中心に海の神様として信仰された航行護る女神で、2億もの信徒があります。湄洲の媽祖もまた福建、セッコウないし台湾、東南アジアの媽祖廟の本部と言えるほどの、世界でも公認される「天后娘娘」の宮殿です。「天下の媽祖は湄洲にあり」とのことです。旧暦三月二十三日の媽祖のお誕生日と九月九日の昇天の日には、どんなに遠くても海外の華人たちがきっと参拝に戻り、空前絶後の盛況は湄洲の地位を語ろうとしています。湄洲は福建省莆田市秀嶼区の湄洲湾口にあり、大陸から約3キロ離れ、媽祖の出身地で、「東方ハワイ」の九宝澜黄金砂浜と「小石...[明細]
    ちょうど週末の時、故郷で元宵団子祭りを過ごしました。故郷は海の漁村で、海南のような魅力的な天気はなくて、きれいな景色もありません。だから、長年を経った今にも、海風中のただの石部屋の荒野のままです。普段、村中では年上と中年の女の人だけ歩いていたが、小学校も通っている子供たちの人数も減る一方です。若者たちはみんなにぎやかな都市で働くので、うまく行ってる人も自分の子供を町または市の小学校に通わせています。畑の世話もなくなりました。家の付近で落花生とか芋とか野菜だけを植えることはほとんどで、寂しくてたまには犬の声が聞こえる漁村です。時というものは、ここでは止まっているように感じます。    故郷に帰ることは何年ぶりでしょう。帰って元宵団子祭り...[明細]
    莆田の「庭」と讃えられる九龍谷は、福建莆田市の城厢区の常太鎮の莒溪にあり、公園は省観光地の九鲤湖と隣接し、九鲤湖の九漂滝の下流たる五潦を以って、「下九鲤」とも言われます。市からはわずか32キロで、景色がよい東圳ダムの周り道を経由し、常太枇杷第一村の洋辺村を通りかかるのです。九龍谷ではBBQ、ロッククライミング、ボート漕ぎ、または漂流することもできます。これからはイメージと文章で九龍谷の魅力を体験しましょう。交通路線:1、動車福州、アモイ、泉州からの動車で莆田駅まで行くことができます。2、バス(1)動車駅—市検察院、4元動車駅を出て23番のバスに乗って検察院に着いたら、96番または98番のバスに乗り換え、約1時間の山間道路をしたらたどり着くことができます。...[明細]
8月22日、まだ仕事で戦っている友には申し訳ないが、休んで旅行をしに行きました。この夏は周辺のコースだけだったが、旅を月に二回もすることができることは、充実で満足しました。2006年の時、一度湄州島に行ったことはあったが、汚くて混雑で料理も美味しくなかったのです。あれはセルフサービス旅行なので、南少林寺、広化寺にも行ったし、新鮮だがすっぱくて食べられない枇杷をたくさん買ってしまうから、あまりいい印象は残りませんでした。九鲤湖のほうは行ったことありません。巡礼といっても、最初はそいう目的ではなくて、ただちょっと行ってみたいだけなのです。湄洲島への船賃は7元で、鼓浪嶼で有料なのは片道だけだったことと違って、往復の両方とも船賃を出さなければなりません。島に登るには50元だが、鼓浪嶼ではまたフリーで...[明細]
莆田の九鲤湖は仙游の钟山鎮にあるが、周辺の福清や泉州などの君たちが週末を利用して、山の新鮮な空気と特別な景色を楽しみに来ることをお勧めしますよ正門に入ったら指示に従って、雷轰滝と通仙橋を順番に通りかかるのです。ちょっと難しい山道を越えた後は古氷河の遺跡になり、もっとも壮観で落差45メートルもある滝———珠帘滝が見えます。観光地では一番見所がある場所と私は思います。水の声が大きくて白いです。九鲤湖のサイトには、雨上がりの日差しで虹まで見えると書かれたが、滝に着いたころはちょうどそういう時なのに、虹が見えませんでした。山の小道に沿って行き続け、東鳳寨の窓口に出ました。東鳳寨の入場券を買わずに最後の滝———石門滝を見たかったら、谷をまず登ってから下りなければなりません。入場券も買わないのに石門滝へ...[明細]
平潭は本当にたまらないほど美しくて、空も水も蒼く、砂が白くて石が細かく、済州島を超越したとも言えます!しかも済州島ではこんなにきれいな砂浜はありません!見比べした後さっそくホテルを予約したが、8月の4.5星のホテルの部屋まで売り切れそうになるとは思いませんでした。一泊のコースでおよそ900元ぐらいです。次は、これについてゆっくりと話しましょう。平潭に来るのはほとんどアウトドア団体なので、普通の旅行会社は平潭のコースをあまり営業しないから、すっと平潭のことをただ目に見えたままの漁村にすぎないと思っていました。しかし、いったんダウンタウンに来ると、心からは喜び声を上げ始めたのです。西航通りには全部、統一に計画されて建てられ、外部は一致に飾り付けられ、ネオンが輝いてるホテルと分譲住宅ばかりで、車が...[明細]
この文章を書いて皆さんのご参考になりたいと思います。「福建のハワイ」という名には相応しいですか?何と言うか、大陸から多く離れて、台湾の新竹にもっとも近い人が住む島だけどね。島にある「海壇天神」は横になっている男に見えのです。石部屋は島の特色で、2つの村があるが、莆田の方言を操ってることはちょっとおかしいです。昔は台湾との貿易で繁盛したこともあったが、今になって落ちぶれる貴族ですね。夜と酒と歓談、人生は苦しくて短いものだなと嘆いた兄さんと姉さんよ、世界との距離は、ただこのテントにあるのですよ。島はまだ完全に開発されないから、旅行する人が登るのがちょっと面倒、毎日の船便は2、3回しかありません。ここは、一人で休むこと、二人でささやくこと、多くの人達と盛り上がること、どれにもいい場所ですよ。砂浜は...[明細]
初めて平潭島を知ったのは、友人はそこに家族があるからだったが、以降は平潭総合試験区ともなり、台湾との交流の前線になりました。しかし、私をそこに足を運ばせたのは「色とりどりの城」と言われる石厝と美しい砂浜でした。【石厝:墨絵と油絵のような石部屋】    平潭島には岩が多いの上で、四面も海、風と波は長年大きいから、普通の建築材料ではとても「耐えられない」とのことです。そして平潭の人達は現地の花崗岩という材料を利用し、建物に用いました。まず岩をそれぞれの大きさで四角い形をする塊にして部屋の主体とし、屋根は「人」の形にし、ひさしを取り消したのです。次は、アーチ形のかわらで覆い、大きい風に備えるために大きな石を数多く押したのです。平潭では、村があるところは石厝も...[明細]