九鲤湖を回りきれ

発布時間 : 2015-12-01 19:47:27
アトラクションを通じて、:

九鲤湖走透透-译文9.png

莆田湖は仙游の鎮にあるが、周辺の福清泉州などの君たちが週末を利用して、山の新鮮な空気と特別な景色を楽しみに来ることをお勧めしますよ

九鲤湖走透透-译文207.png

正門に入ったら指示に従って、滝と通仙橋を順番に通りかかるのです。ちょっと難しい山道を越えた後は古氷河の遺跡になり、もっとも壮観で落差45メートルもある滝———珠帘が見えます。観光地では一番見所がある場所と私は思います。水の声が大きくて白いです。

湖のサイトには、雨上がりの日差しで虹まで見えると書かれたが、滝に着いたころはちょうどそういう時なのに、虹が見えませんでした。山の小道に沿って行き続け、東鳳寨の窓口に出ました。東鳳寨の入場券を買わずに最後の滝———滝を見たかったら、谷をまず登ってから下りなければなりません。入場券も買わないのに滝へ向かった人達が遠回り道を選んだところを目にしながら、きっと疲れるねと私は思いました。この滝までたどり着くと、九湖はもう全部回った、正門に戻るには来る道のまま戻るしかありません。


九鲤湖走透透-译文703.png

東鳳寨の入場券は25元だが、買わないとここを全部回ったというわけではないと私は思います。買ってよかったことは、以下の通りです。

1、登ったり下りたりして遠回り道をとることもせずに、鎖の橋を渡ったらすぐ石門滝が見えるのです。そっちの道は歩けば歩くほど険しくなってきて、段階も登りがたくなり、しかも蛇が出没してると係員から言われたので、私は途中まであきらめました。

2、鎖の橋を渡って東鳳寨を見ることは実は山を登ることになるが、途中では九湖の入場券に含まれてない遠い所と山の下の景色が見えるのです。その入場券には落差100メートルの滝があると書かれたが、結局見つかりませんでした。東鳳寨から遠く見えるぶら下がっている白い帯のようなものは、その滝ではないかと私は思いました。それ以外に、東鳳寨の裏側もまた別な天地になり、向こうの山から姿を覗かせた岩から下へ延びていく長い谷間が消えるところに一個建物がぼんやりと見えるが、これは多分九龍谷だろうと思ったのです。これらの景色はあまり見えなくてきれいなものばかりでした。

3東鳳寨を出て右に曲がってちょっと歩くと平らかな道路があり、ここから電子自動車で正門まで戻ることができるのです(運賃は既に入場券に含まれたのです)。来る道のまま戻るわけではないから、段階に苦しまないですみました。山道が苦手で、ただ十分間でまもなく足が棒になったのです。東鳳寨の入場券を買う真の原因は、実はそこにあるのです。

九鲤湖走透透-译文1447.png

最後には、個人的な経験をちょっと発表しましょう。

1、休日でない時には二人で行くほうがいい、一人では写真撮ることを願える人はいませんから。

2、段階は狭くて険しくてばらつきもあるから、女の子はハイヒールで行かない方がいいのです。

3、道の両側には野生の植物が多くて、虫けらも多いから、事前にそれらを防止ための準備をしてください。

4湖の入場券を買った以上、東鳳寨をも買ってください。買わないと、特別な景色とどんどんすれ違うことになりますよ。二週目になる人には、九湖と東鳳寨をまとめてほしいと係員さんに願ってもらいたいですよ。東鳳寨を買ってよかったのは電子自動車に乗れるからだけだと言われたが、実際これは大きな宣伝のミスなのです!

5、とても広いと友人から言われたが、実際あまり広くなくて、全部回るには2時間だけ、一日なら十分です。ゆっくり途中の景色を見て、谷間で遊んでることができ、疲れたらちょっと休んでもいいです。旅っていうものは、急ぐと興ざめになるものです。