莆田元宵団子祭り、懐かしい故郷の印象

発布時間 : 2015-12-01 20:22:11
アトラクションを通じて、:

莆田元宵节,是我尘封的老家印象-译文20.png

    ちょうど週末の時、故郷で元宵団子祭りを過ごしました。故郷は海の漁村で、海南のような魅力的な天気はなくて、きれいな景色もありません。だから、長年を経った今にも、海風中のただの石部屋の荒野のままです。普段、村中では年上と中年の女の人だけ歩いていたが、小学校も通っている子供たちの人数も減る一方です。若者たちはみんなにぎやかな都市で働くので、うまく行ってる人も自分の子供を町または市の小学校に通わせています。畑の世話もなくなりました。家の付近で落花生とか芋とか野菜だけを植えることはほとんどで、寂しくてたまには犬の声が聞こえる漁村です。時というものは、ここでは止まっているように感じます。

    故郷に帰ることは何年ぶりでしょう。帰って元宵団子祭りを過ごしたことを知って、みんなは何かあったかと驚きました。実は、帰ってみたいだけです。ずっと離れていたせいかもしれません。

    家の宵団子祭りは旧暦の正月十日から十三日までです。大晦日よりにぎやかな祭りなので、時間は他のところとちょっと違うのです。昔の倭寇がこの時期を狙って侵攻したことはあったからと私は思います。宵団子祭りには礼儀というものもあります。十日の昼間は媽祖宮で行事が行われるのです。覚えたのは、この日宮には女性が立ち入り禁止されたことです。今になっても変わりはありません。昼間の行事は遅れて参加しませんでした。夜は、いつも家族たちみんな媽祖の輿を担いで内の庭にくるのです。

    宵団子祭りで主な行事は媽祖の輿を担いであちこち回り、各家族は内の代表を出して参拝を受けることです。礼儀にはプロセスもあります。ほとんどの理由が分かりません。媽祖の輿がやってくるのは8時ごろです。行列はいくつの部分になります。先頭になるのはピンクの旗をあげる子供たちです。旗が庭に入ると、周りへと散開するのです。次は楽隊で、三人のなかでは小さい香炉を捧げる年上もいたのです。しかし、どうやってその年上の人を決めたのかは私も分かりません。実はぼろぼろなズボンに入って香炉を捧げて行列の中に厳しい顔をしながら歩いている若者しか見えませんでした。その次は宮の燈りもあり、柱の形をしている傘もあります。またその次には、四人でに担ぐ媽祖の輿です。後ろはまた楽隊になります。行列が通りかかる家々は、扉の前に稲わらを燃やし、爆竹をも鳴らしました。

    旗が位置に就くと、二つの楽隊は庭の廊下の両側に立っています。家の男の子は参拝用の紙を庭の口から撒きながら縁起がいいが分からないことを大声で叫ばなければなりません。そして勢いよく場に入ると、楽隊たちはうるさく吹き出し、爆竹もうるさく鳴ってきました。先頭が準備できたら、媽祖の輿は人によって担がれ庭の中の焚き火を回らなければなりません。このことは1時間半しなければなりません。回った後は、庭にいた年上が輿を奪うということになり、家族の男たちは回り続けて庭に入らずその人を奪い合わなければなりません。その中にも理由があるわけです。回るだけ回るほど、媽祖からの加護も多く得られて、繁栄になるとのことです。もうしばらくすると、年上の人が再び前に立ち、今度こそ庭に入ることになります。

    二つの輿とも重いので、交替でに担ぐのです。そして回るときには決まった歩調もあります。四人で一緒に歩き、飛び出すことできると、気楽になるのです。コツが分からなかったら、一人が飛び出した時ほかの三人がまだ歩いていると、輿の重さはその人だけで背負ってしまうから、つらいのです。以前のように農事をやって毎日担ぐ人なら大したことではないが、今農事もやらず外で働く人にとって無理でしょう。だから難しいことは走ることでなくて、肩の痛みを我慢することです。したがって、時には左右の肩を交替する人がいたわけです。

    宵団子祭りは家族たちが集まる大切な日だったが、いつも家へ帰るわけでもないから、知らない顔が多かったが、おじちゃんとおばちゃんが私のこと分かってくれるお陰で、幼名で声をかけられたのです。その親切さそこが私の望むものです。彼らの更けない顔を見て、時というものはほんとにここで止まったねと、思いました。輿の行列にはヒップホップ風の若者もいたが、その一歩一歩を目にしながら、見かけはどれほど変わっても内は伝統というものがあるねと、思いました。

    プロセスは最初から最後までにぎやかだした。家族の女性たちは子供たちに飴を持ってくれたのです。媽祖様が庭に入った後、一連の礼儀の続きです。庭の真ん中には供え物たくさん乗せてあり、お酒、赤い団子、鴨、そして丸い花の輪が立てられます。どれも晩御飯の前に準備したものです。

    ここの花火もやけにきれいです。周りは光の汚染がないからです。真っ黒な夜空では、花火の光がはっきりと輝きました。夜11時半に、もう寝るのです。岩のように重い掛け布団は、懐かしい故郷の重さを伝えてくれます。ほかの家の声は、石の部屋から響いてきて、遠い夢のようになったのです……