忘れられない木蘭陂

発布時間 : 2015-12-01 20:29:04
アトラクションを通じて、:

走过心心念念的木兰陂-译文10.png

陂には長い歴史があると大学一年からいままで聞いていたが、ずっと寄ってみる機会はありませんでした。「自分の行ってない所は全部行き甲斐がない」と胸を張って言ったことはあるが、後は、「季節との合性を持ってる場所もあるから、季節がよくないと行き甲斐はない」と修正したのです。今三月の春というと、ちょっと出かけてもいい時期です。木陂に行こうという人もいて、そういう人達の後ろについていくとは思ったが、その団体のメンバーではないからやめました。一週間の後、また写真を撮りに行こうという人が出て、気に入ったが、時間がなくて、また残念です。

走过心心念念的木兰陂-译文401.png

また一つの週末、ようやくチームを組み、時間の都合もいいし、仲間と一緒に堂々と出発しました。チームのメンバーがビニール袋を持ってるのを見にして聞くと、イチゴを摘み取る時に足が濡れないように準備したのだと言われました。チームに参加してよかったね、細かい所まで考えたのです。バスに乗って大回りをすると、ようやく目的地に辿り着きました。くねくねとする村の小道を歩いて、歩橋に向かいました。どこの逸材が名づけたのかは分からないが、五歩橋まであったそうです。これは、福州では南兜とかがあるに対し、莆田でも東門兜という兜があることと同じなのではないでしょうか。

歩道橋下の通りをくぐると、韮の海の中へ突っ込みましたのです。大規模な一面の韮は、なんとこの田舎出身の私でも分からないようになるほど多いのです。イチゴではなく韮を摘み取りに来たではないかと、からかわれたが、みんなイチゴ待っていられないですね。さらに数百歩を歩くと、ようやイチゴの地が見えたが、肝心のイチゴの姿はみじんもないと疑ったが、葉の後ろに身を隠れてると気づき、身をかがめてよくみると、やはり赤い膨らみはちゃんとそこに美味しく居るではないですか。

走过心心念念的木兰陂-译文1030.png

みんなは来てよかったとあぜの上に歩き、イチゴたちに目指していました。別の方向から向かう私は、ふと一本の糸に縛られる鳥に見つかりました。原因は分からないが、ぶら下げられて風に当たる鳥の姿は、なんだか惨めだと思いました。いろいろ見たり歩いたりすると、また畑に横になって気持ちよく日差しに浴びるワンちゃんが目に入りました。ちょっとイチゴを食べて疲れた私たちは畦に腰を下ろし、カメラを手に取りました。レンズを遠く調整して、ようやくよい画面が出ました。イチゴを手に取り楽しめる女の子の姿だが、表情が豊富で、思い切り写真に取りました。

座っていた私たちは春の風の下で、田園的な生活に憧れてきました。土と自然に親しむことは、とてもいいです。景色を眺めるとともに、たまにはイチゴを投げてくれる美人もいました。当時の荘園主はこうして幸せの中に浸かりすぎて、農民たちは恨み、いつか立ち上げると待っていたのでしょう。

走过心心念念的木兰陂-译文1555.png

陂に戻った後は、ここが最初の目的地ではないかと思い出しました。しかし、みんなはもう疲れた顔をしています。まあ、いいものを最後にしても悪くありません。今度みんなの身を動かせるのは、傍観者の目でただ木陂を見ることではなく、その中に入り、その身と心の中に入ること、古い文化から溢れた趣きを体験するものです。ただし、その歴史は分からなく、古い石と古い伝説だけからその古さがわかったのです。

,流行古老,越古越老的西,越能刺激人的神。可能同西确太多了,看点别样西,才能足好奇的内心。这桥的奇就体在都是由石搭建而成的,没有护栏,只是在每隔五米左右,两旁便伸延出两空地。看就像一条蜈蚣。曲曲折折的架在河流上面,两旁一是平静的水面,一是急湍的河水。估计这桥的功能就体河蓄水。看完石,再往回看来的路,路上面的小依旧在,前立着个石碑上面赫然三字:木陂。今時は、古いものが流行っているので、古くければ古いほど、人の神経に刺激をあたえらるのです。これは同質なものが溢れるほどあるからだろうが、別様な物を見ると好奇心が満足するでしょう。この橋の奇というのは、石からなっていることにあり、欄干もなく、五メートルずつ両側に空きちがあるだけです。遠く見ると百足のように見えます。この橋の役割は川を止めて水をためることでしょう。石の橋をさておき、来る道を見ると、小廟はやはり路面にあり、その前に立てられる石碑には「」と書かれることが分かりました。

この陂は、廟のことか、橋のことか、それとも両方か、私には分かりません。木陂を出ると、旅もここまでになり、帰る時はみんな疲れたので話もしないままでした。