福州の多処の花見拠点、花が好きな人はこんな誘惑を抵抗できない

発布時間 : 2015-11-30 19:40:31
アトラクションを通じて、:

春には花が咲く~その通りであります。この花が咲く季節に、出かけて「のんびり」に行かないと、そのいきいきな春に残念を言わなければいけないでしょう~

あなたは花見が好きであれば、百花が盛んに咲く季節に、出かけて「楽しんて」ください、フラッシュを押して満足まで取れるところがここです。

福州森林公園の桜、桃花

图片1.png

最近の市区での人についささげる場所は森林公園であります~週末の天気がいい時に、人は人は人はがあちこち人で、.....もちろん人がここに集まる理由としては、ここが百花が盛んに咲く最中で、鳥が歌いながら花が香りよいから、ハハハ。

公園の中には1500本の桜木があり、ピンクの日本桜と、白いと真っ赤な台湾桜と福建の山桜が早春の桜であり、花の開放期間が短くて、花が咲き時間は一週間しかない。でも、花が落ちる時でも「満天桜の雨」もっと綺麗でしょう。

桜の他に、森林公園には桃花園もあり、千本以上の桃花があります。

图片2.png

チケット:無料

観賞時間:1月の中旬から3月の中旬まで。

交通:福州市内で54番、102番(森林公園線)、72番、84番、87番などを乗って森林公園までおります。

福州の侯旗山森林公園——桃花、つつじ

图片3.png

旗山の桃花が勝った理由はその営んだロマンチックな童話雰囲気であり、桃源郷の感じを与えます。花が咲く季節に、たくさんの人が撮影機材をもって来ます。PS:旗山の観賞すべき名所は極多くて、滝も美してく壮観であります。

チケット:チケットは20元

観賞時間:旗山の桃花は普通山下の花より遅く咲き、海抜が高いので温度が低いでしょう、3月の中旬

交通:82番公共バスを乗って旗山路で降りて(2元/人)又は江南水都で「融僑旗山の特約バス」を乗って旗山駅(2元/人)でおります。大学城から171番公共バスを乗って旗山路でおります(1元/人)。

新坡の古民居——アブラナの花

图片4.png

婺源まで行く必要がなく、福州を出なくてもアブラナの花の群れに綺麗な写真を取れます。

侯の白沙新坡村の60余りムーのアブラナの花が盛んに咲いて、古民居の白壁と黒いレンガと映り、クラシックな絶美な雰囲気を営んでいます。アブラナの花が咲く最中に、白沙新坡村へ「花見」に来て、当地の農家が養う鶏と家鴨も食べられます。

チケット:20元/人、無料停車。

観賞時間:3月から4月まで

交通:マイカー又は33番線を乗って白沙でオートバイクに乗り換えます。

四、侯お大湖郷大坪——桃花

图片5.png

侯の花を言えば、たくさんの花見の好きな人は多分「侯洋里郷の田村」の桃花を推薦するでしょう。確かにそうですが、規模と美しさから言えば、田村の桃花は福州境内で二番と自称すれば他に一番がないでしょう、そんなに美しくてきっと人を驚かすでしょう。10余りムーの桃花園は、田舎、部屋の後ろ、路端、山の上にはあちこちに桃花であります

観賞時間:3月から4月まで

交通:福州市区から出発し、115県道を通り、それから右に曲がって112県道に入り、最後に194県道をそって行使すれば到達できます。

五、金山公園——コウシンバラ、桜

图片6.png

金山公園のコウシンバラ園には千木のコウシンバラが盛んに咲き、ピンクな花は香りが濃くて鼻をつき、連続で180日咲き続けます。その他に、金山公園には桜の花園もあり、園内は300木の桜が3月に咲く見込みであります。

観賞時間:2-3月

交通:金山バスステーションから47番又は47番の支線バスを乗って行けます。

六、連江の梅洋村——梅花

图片7.png

「壁角に梅が何枝、凌寒の中に独自に咲き、遠い所から真っ白な花は雪ではないと知り、それは香りが襲ってくるからである」。連江県の梅洋村は県と20分間の車埕を離れています。まっ冬な時に、万木の梅花が盛んに咲いて、壮観の至りであります。毎年に「梅花祭り」を行い、画家、詩人、撮影者がこの村に集まり、村を賑わいさせます。

梅花村にいったら、当地の素朴で古い民居も見学してください。

観賞時間:2月から3月まで

交通:省の体育センターの五四北から高速道路へかけ、安出口から高速道路を降りて江路を走り、玉泉大橋から104国道へ変えて、橋を過ぎたら約200メートルで右に曲がって梅公路に入ります。