三坊七巷で福州の歴史の根を探す

発布時間 : 2015-11-30 19:46:34
アトラクションを通じて、:

福州を言えば、三坊七巷に行かないといけません。

福州に来る前に、友達は冗談みたいに、林平之の故郷——向陽巷を訪れにいってください。向陽巷を見つからなかったが、民族英雄の林則徐が過ごした宫巷を見回しました。

图片8.png

白壁と黒レンガ

图片9.png

この街に、坊巷が縦横に入りまじって,石板が敷いています

三坊七巷は福州の歴史の元であり、文化の根でもあります。晋、唐が成立した時から、ここは貴族と士大夫が集中する場所であり、清から民国までますます輝きになり、国内で現在に存在するもっとも規模の大きくて、保護が完備な歴史文化町であり、全国でも珍しい古建築の一つであり、「中国都市の里坊制度の化石」と「中国の明と清時代の建築博物館」だと誉められます。

图片10.png

「素人は騒ぎを見」——分からなくても、三坊七巷が人傑地霊で、たくさんの名人がここから出たということが知っています。それで、どの名人はどの宅に住んだことがあることをじっくりと見ました。

图片11.png

巧みなドア枠、花座、柱はここで極普通

有名な南後街は両側が商店が林立し、皆大きな店で、おみやげ店、コーヒ屋、軽食ショップがあり、でも殆ど全ての店には一種の福建の特産を売っています。それは寿山石であります。

图片12.png

南後街に入る

图片13.png

小店が古風を溢れていまます

 

南後街と違うのは、坊と巷には静かで穏やかな雰囲気を溢れています。ここは名人の古居が多くて、厳复、氷心、林徽因と古代の高官貴顕、林則徐、台湾の総兵の甘国宝、明の時代の抗倭名将の張……一つ一つの名前は目に入り、住宅が結構が巧みで、単に室内の木質彫刻は人を驚かせます。

图片14.png

图片15.png

图片16.png

一つ一つの名人故居

图片17.png

图片18.png

林則徐記念館

 

精美な芸術品は目の盛筵だといえば、越の軽食は目と胃を飽きさせます。

同利肉老舗の肉燕が福州の有名な軽食であります。最初は清の光緒二年(一八七六年)に成立し、3つの時代を経って、福州の百二十余り年でもある燕皮を売る「中華老字号」店舗であります。

图片19.png

夕暮れが来て、灯火が点灯し、ますます多くな人がここに来て夕飯を食べます。