奥深い山の中の眩しい真珠——龍岩万安鎮竹贯村を訪れます

発布時間 : 2015-11-30 20:14:16
アトラクションを通じて、:

图片1.png

陶渊明の筆下の「桃源郷」は自然で、静かで、素朴で神秘な所であります。龍岩市の新羅区の万安鎮村はこのような仙境であり、深い山の中の輝かしい真珠のようであります。竹村は龍岩の山々の丘陵盆地に位置し、省レベルの歴史文化名村として、今年は今年又被住建部、文化部などに第二ロットの中国伝統村にリストアップされました。ここでは、時間が遅くて、人々の心は沈殿され、最後に平静に来されます。

小さい村には古跡が多くて、浪門金錠の廊橋、積霊、観音廟、関帝廟があります。村には古い木は高く聳えて、小川には小橋がわたっています。

の美しさは、その自然霊動にあります。清くて底も見える小川は村を抱いて流れ、様々な野花と緑な木を育成しました。その山水と花木に歩いて、大自然の不思議さを感受する以外、こんなに完備な桃源郷を保留できることに感動な気を沸きすぎでしょう。

图片2.png

の美しさもその延々と長く続いて来た歴史趣にあります。

歴史には、竹は古代の万安社の宿場であり、龍岩県から長安、中までの交通要道であります。ここは嘗て重要な紙の産地であり、それからロジン、お茶、漢方薬などのお土産は絶え間なくに運び出して、水路を沿って山を出て、村へ豊かな収入を齎し、竹の河道を沿う数十軒の木結構の二層の古民居はその時間に形成したものであります。

往来する商人を受け付けるように、村人は河の両岸に1200メートルぐらいの長街を開拓し、それに村に2つの公館も設置して、商人に休憩させます。公館の近くに6つの小巷もあります。

でも、時代の移り変わりに、嘗てがやがやとやかましい村は当日な繁華は失い尽きました。それにしても、村の中の古めかしい建築は人のその歴史趣とエレガントな気質を展示しています。

图片3.png

積霊は竹村の最も古い建築であり、重檐歇山式の瓢箪式頂上は歴史の移り変わりの中で完全に保管されいます。古い保定橋という廊橋は財福を流さないよう建てられた橋であり、それで浪門金錠橋とも呼ばれます。村の入り口の田舎に立っている旌表故儒士の妻の曾氏の節孝坊であり、清の嘉慶十六年(1811年)に建てられて、龍岩新羅区の現存する最も完備な古代の節孝坊であります……その中に歩いて、まるでタイムスリップのように、竹溪に流伝するその神秘で高貴な歴史も小川の水のように続々と流れています。

图片4.png

冬になると、どの家も「風鴨」を調製しています。霜の日という時節に間に合うように、竹の棒で捧げて干します。清い小川は村に横なって、両岸は鶏と犬の叫び越えが耳に絶えず、冬の暖かい日には、時光も遅くなったでしょう!