恵安女風情日帰り旅行によって、小さな泉州海浜町の古風と純真を

発布時間 : 2015-12-01 16:58:31
アトラクションを通じて、:

惠女风情1日游,品味泉州滨海小镇古朴与纯真-译文35.png

恵安女は福建泉州恵安県恵東半島の海辺にある特殊な一族に属し、彼女たちの独特な衣装と勤勉な精神が世界に知れ渡っている。恵安女は狭い意味といえば、実は恵東女であり、主に福建恵安東部の崇武、山霞、静峰と小四つの町に分布し、正真正銘の漢族である。恵安女の黄笠は、まるで太古から曲がりくねった時間トンネルに沿って飛んでくるUFOみたいなものである。 正確に言うと、恵安女はすべての恵安女性ではなく、特に恵安東部崇武の沿岸に生まれ育つの女性を指している。

惠女风情1日游,品味泉州滨海小镇古朴与纯真-译文383.png

恵安県から出発すると、たくさんのバスがあって約40分ほどの行程を渡って、 崇武古城に到着すろことができる。崇武古城は福建省東南沿海の傑出部に位置していて、三方が海に向き、西が大陸とつなぎ、地勢が大霧山脈から起伏し続き、曲がりくねり、非常に壮麗である。 ここは湄州湾と泉州灣の間に挟まれて、東が台灣海峡である。近所の海域では至る所に島々と暗礁が分布されていて、地形が乱雑によって、守りやすく攻めにくく、戦略方位が明らかな国防要塞として、従来の軍隊が奪い合う土地である。

崇武に対して、石の彫刻はこの町の魂である。様々な形の石の彫刻は街並みに散見していて、この街の過去を見守ってくれて、歴史の思い出を今日まで残してくれた。素樸な民家、石の家、赤レンガ、木造の家は派手な装飾がない。この違う世代の建物は年月の痕跡が現れて、明、清以来、当地の軍民たちが外敵の侵犯を防ぎ止めて、海域を守るという勇敢な業績を見守ってくる。一本一本の静かな路地が一軒一軒の民家の中に潜でいる。狭い石路地を歩いて見ると、古い家の門が一日中開いて、みんなはゆったり生活をしている。

崇武大岞で、年をとる恵安の女たちを見た。殻付け牡蠣満載の大い桶の上に座って、牡蠣の殻をうまくに開け、まもなく、足元に牡蠣の殻が山のように積み上げられている。彼女たちは黄色い笠を被って、白地に花柄の鉢巻きが頬の下顎を覆い、青いあや織りの短く、痩せる上着をして、腹が見えて、銀のウエストチェーンを腰にかける。下着は広く軽い黒ローライズをする。そのような独特の装いがすぐわれわれの視野に入る。それに、派手な髪飾りをし、辮髪の末に華やかな赤い毛糸がある。髪を後ろで結い上げて、赤、黄色い、青い、緑など色とりどりのビーズでつくた絵のあるぴかぴかの鬘を被っている。それは世の中の辛酸を嘗めた顔と互いに引き立てあう。これらの恵安の女たちは肌が荒れ黒く、表情が毅然とするだが、遠いところや後ろから見ると、みんな体つきがよいかつ頑丈で、仕草の中で弾みが満ち、年をとるが、全身が活気に見える。ぼんやりとした時に、目の前にこのような画面が浮かんでいるようである。彼女たちは海辺の暗礁に立って、漁に出た男たちの帰航を待っていた時に、微かな海風の中に、ボディービルスタイルがはっきりと現れて、彼女の態度が重々しくて、足元に波しぶきが飛び散るのを放任して、まるで暗礁の一部分となるようである。いつも女性が水に作られたと言われても、私から見ると、恵安女は石のように気丈であり、男たちが漁に行って、町に入って商売をした後、彼女たちは家庭のすべての重責を担った。彼女たちは潮干狩りしたり、種まきしたりして、年寄や子供を配慮して、すべての力仕事が華奢な彼女たちに担当された。

 恵安女は崇武を美しくして、崇武が恵安女のおかげで美しくなれる。崇武の郊外の砂浜の半坂にあった「中華石の彫刻技術博物展覧園」の中に、一組の恵女立体群像がその巨大な恵安女彫像に向かっている。なんだかその至るところにある石がちょうど勤勉で粘り強い恵安女の性格を象徴すると感じる。彼女たちは大自然の創作であり、彼女たちの容姿や独特な気質が表れたのは、風と波の本質だというものであろう。彼女たちはそのまま海と天の間に美しく立って、髪飾りからズボンのすその刺繍までの物と、裸足に踏まれた砂浜や暗礁とのすべてが彼女たちの景色と伝奇になろう運命を表す。

大岞が厦門から約100キロ離れて、アモイから崇武に向かって、一時間ごとに一つの直行バスが発車したけど、崇武から大祚までの直行バスがたくさんある。

惠女风情1日游,品味泉州滨海小镇古朴与纯真-译文1995.png

惠女风情1日游,品味泉州滨海小镇古朴与纯真-译文2120.png

惠女风情1日游,品味泉州滨海小镇古朴与纯真-译文2245.png