も水も蒼い、美しい平潭

発布時間 : 2015-12-01 18:19:41
アトラクションを通じて、:

天蓝水蓝,大美平潭-译文12.png

平潭は本当にたまらないほど美しくて、空も水も蒼く、砂が白くて石が細かく、済州島を超越したとも言えます!しかも済州島ではこんなにきれいな砂浜はありません!見比べした後さっそくホテルを予約したが、8月の4.5星のホテルの部屋まで売り切れそうになるとは思いませんでした。一泊のコースでおよそ900元ぐらいです。次は、これについてゆっくりと話しましょう。

天蓝水蓝,大美平潭-译文317.png


平潭に来るのはほとんどアウトドア団体なので、普通の旅行会社は平潭のコースをあまり営業しないから、すっと平潭のことをただ目に見えたままの漁村にすぎないと思っていました。


天蓝水蓝,大美平潭-译文535.png

しかし、いったんダウンタウンに来ると、心からは喜び声を上げ始めたのです。西航通りには全部、統一に計画されて建てられ、外部は一致に飾り付けられ、ネオンが輝いてるホテルと分譲住宅ばかりで、車がいったり来たりして、ヨーロッパでも来たのかというほどにぎやかです。

    実は、平潭は福建省が管理する総合実験区なので、台湾とは海の両側にあり、大陸から台湾にもっとも近いところで、福建省一の島でも言えます。

    数日間しか早めに予約できなかったので、ダウンタウンになる4.5星のホテルはいくつかは満員になりました。今はまだ水曜なぞ!しかし、私達泊まってる美达ホテルも悪くないが、世界中でもっとも大手なホテルグループに属する国際ホテルブランドらしいです。4.5星のレベルで、砂浜からもあまり遠くないが、一番大切なことは、すぐ傍の街には私達の晩御飯になる予定の海産露店があることです!

天蓝水蓝,大美平潭-译文1059.png

天蓝水蓝,大美平潭-译文1185.png

天蓝水蓝,大美平潭-译文1311.png

海産露店と焼き物はともに龍鳳通りにあり、街の半分はほおんどファミリア海産料理で、通りの尽きる場所にはまた一つの焼き物の空き地もあり、九時になっても満員でうるさいです。

天蓝水蓝,大美平潭-译文1524.png

実は、平潭は福建の「モルジブ」という別称もあります。島の観光地は四箇所で、それほどおおくはないが、高くもありません。しかもどれも海の直ぐ傍だから、島を回る道路が一筋で全部繋がったというわけです。

    ここでこの道路について話さなければならないのは、アモイのよりいいからです。車が走ってみると、道路の状況もいいし、車の数も多くないし、両側の木々も茂みになってるし、窓を開けると海風が吹いてきてるし、そしてちょっと音楽を加えると、ライトの光の下でいつまでもどこまでもドライブし続けたいという気にもなります。

天蓝水蓝,大美平潭-译文1913.png

ここは一番目の予定地である東海仙境です。ここへ向かう途中通りかかった村の部屋は全部石で建てれるのです。近年開発したばかりなので、海島の原始的な建物はそのまま残され、とても素朴できれいです。

天蓝水蓝,大美平潭-译文2142.png

漁師が一心に網を縫います

天蓝水蓝,大美平潭-译文2288.png

天蓝水蓝,大美平潭-译文2413.png

観光地の景色について、済州島に行ったことのある私たちでもほめなくてはなりません。ここには、直径50メートル深さ40メートルの天然形成された石の井戸があり、壁はまっすぐで、穴へは船に乗ってもいけます。底には丸い石があちこちあり、靴を脱いで上で歩く人もいました。

天蓝水蓝,大美平潭-译文2677.png

遠いのは海見台だが、まさに海が青い空より蒼いです。ここから船で台中までは2時間半しかないそうです!温州へ帰るのはまだ六時間なのに!

天蓝水蓝,大美平潭-译文2874.png

天蓝水蓝,大美平潭-译文2999.png

来るとき通りかかった小さな漁港で、漁船が静に泊まっています。

天蓝水蓝,大美平潭-译文3163.png

ここの漁師たちは海に出ないかと聞き込みをしてくれるが、実は網を引く時、新鮮な海産を売ってもらうことができます。人数で計算すると、一人あたりは二、三十元になり、買い取った海産は後で自由に処置するのです。

天蓝水蓝,大美平潭-译文3398.png

村の人たちは淡菜を干してから食べるのです。通りかかると海の生臭い匂いがするのです。ここの女たちはほとんど帽子をかぶって糸をするとともに、長い袖と長いズボンになるのです。海の日焼けはすごいものなので、仕方がないのです。

天蓝水蓝,大美平潭-译文3640.png

    平潭でよく知られている砂浜は二箇所あり、それにどれも無料です!ここは龍鳳頭海水浴場、ダウンタウンの直ぐ傍にあります。浴場内のエンタテイメント施設は無料ではないのです。ちょっと歩くと、砂で彫刻された城もあるが、これも無料ではないのです。

天蓝水蓝,大美平潭-译文3891.png

天蓝水蓝,大美平潭-译文4016.png


ここはもう一つの砂浜であるもっと素朴な壇南湾、観光地としてほとんど発展していないので、施設も簡単、ダウンタウンからもちょっと遠いです。くねくねとする小道を歩き、漁師の家の前を通りかかり、また松の森をくぐると、目の前は広く広がってきました。また海に着いたからです。

天蓝水蓝,大美平潭-译文4278.png


ここは砂浜が十二箇所もあり、それぞれ引き受けられて経営されているのです。ここの砂は柔らかで、裸足で歩くと絨毯のような肌触りが潮の残った涼しさを伝えてくれたのです。水は澄み切っています!

天蓝水蓝,大美平潭-译文4503.png


私たちにいる砂浜はまた水上バレーボールもあるが、もちろん簡単な施設です。海水に浸かってることはこの上なく心地よいです。夕暮れは、仲間と一緒に砂浜に腰を下ろして焼き物を食べて、光る棒を手に取り、焚き火パーティーで踊ったり笑ったりして、盛り上がりましょう!

天蓝水蓝,大美平潭-译文4764.png

壇南湾へ行く途中は平潭台湾商品免税市場があります。建物は立派で、商品は全部台湾製だそうです。6月からオープンしたばかりだが、台湾の食品とか化粧品は、ちょっと買い得です。ここは正門、内部は写真禁止されたそうです。買い物終わると、身分証明を提示しないと出られないそうです。


天蓝水蓝,大美平潭-译文5032.png

ダウンタウンの4.5星の三つのホテルを見比べた最後、ここにしました。もっとも立派だったが、フリーのプールとトレーニング・ジムがある唯一のホテルです!それに、庭と池があり、夕べはホテルの道をすずしく散策こともできます。

天蓝水蓝,大美平潭-译文5275.png

これは平潭を離れる時の写真です。丘の上には全部発電用の風車、部屋は山の麓に建てられ、直ぐ下は漁港になるのです。

天蓝水蓝,大美平潭-译文5464.png

とにかく、私にとって平潭はサプライズそのものです!にぎやかなダウンタウン、素朴な漁村、原始的な景色。観光地としての開発はまだ発展していなく、人はあまり多くない今のうちに、行ってみましょう。