平潭は福清から本当に遠いとは言えないのに友達から何度もの誘いのもとで行ってみようかなと思った私は、結局、平潭という所を好きになるようになってしまいました。自分の所見と感想は、きれいな言葉ではなく、そのまま記録したいのです。パッケージを背負った私は平潭への道を出発し、福清から平潭までの車が割りと多いことに気づき、15分間ずつ発車があるが、値段は23元でした。2時間してから平潭に辿り着いた私を迎えに来た友達に連れられ、現地の軽食を食べに行きました。距離がそんなに遠くない町同士だから、食事についてあまり変わらないだろうと思い込んだ私は、実際食べると、近いけど味は違うところがあると分かりました。友達が私にすべての軽食を食べてもらいたいという気持ちも伝わってきました。蛎餅:時来運転:光餅:一番目の予定...[明細]
「平潭島、石だらけで草はない、風と沙が走り回るように、部屋は堡塁のように……」という古い歌が前世の平潭の寂しさを語ろうとしています。島に花崗岩が多く出産するに従って、人達はそれを現地の原材料として利用し、建物を作りました。堡塁のような石厝は、古から古風な姿のまま、舞台のような風景を遂げるが、風俗独特な民家であるとともに、海島の祖先が「天地と戦う」知恵の結晶でもあり、世界中で頑張っている海島の子孫が胸に抱いてる故郷への想いを乗せ、平潭観光の新しい名刺になりました。次は、石厝を楽しめるあまり知られていない場所を、いくつかご案内させていただきます。大練郷漁限村大練郷は福建省平潭県の北西部海域に位置し、人が住む大練島と小練島と、60個の無人島からなっています。大練郷漁限村の石部屋も山の傍に建てられ、...[明細]
ルームメートから紹介されたのことだが、平潭の環境がとてもよくて風土も純朴だそうです。大きさからというと、平潭は中国の第五位まで数えられ、大陸から台湾に一番近い島であって、福建では「モルジブその二」とも言われています。今度の清明の休みを利用して同僚と一緒に平潭へ遊びに行くことにしました。    まず列車に乗って福州まで行ってから車で平潭(チケットは50元、2時間程度)へ行ったのです。無事で平潭にたどり着いた私達はあの龍鳳頭という町に泊まってるが、そこから海水浴場へとは離れていないのです。        特別注意:観光地に出かける時は、どれも必ず5時半までに最初車を降りる所まで...[明細]
大都市の高層ビルや北方の奔放な屋敷を見慣れた貴方、崇武の町にある青々とした海、ロマンチックな燕尾脊、T形の石造古城、そして民族味の帯た恵安女性に魅了されてみてはいかが?  崇武は中国唯一現存する明の石造の町で、倭寇を反撃する際に作られたものである。海辺に建てられた60あまりの城の中で最もよく保存されており、中国海防史上唯一の比較的完全な遺跡である。崇武は中国古代海防において重要な地位を有し、争奪戦の舞台なのである。史書によると、明の時代倭寇は城を占領しては悪行を起こした。英雄戚継光は倭寇を撃退するためここで駐屯し、防衛建築を作り必死に戦い、城を守りぬいた。十年間の戦いを経て、崇武も東南部沿海の重要な町となった。「獅石晩照」の獅石の台はかつて戚継光が水兵を訓練したときに使用...[明細]
かねてから私は中国民間の伝統住居に特別な感情を持つ。しかし、時代が発展し、月日が流れ、多くの民間伝統住居は老化、倒壊或いは取り壊された。本来、これは先祖が子孫に残した遺産であり、歴史の証でもあるが、現実上多くの民間伝統住居は我々の世代で消えてしまう。これは非常に残念なことである。しかし、幸いなことに、晋江金井鎮には福建南部風情が溢れる建築と自然景色が一つに集う美しい臨海漁村――塘東村がある。図1: 塘東村景色一覧 塘東村は囲頭半島の西側に位置し、囲頭村に隣接する村である。世界で有名な「八二三砲戦」や「英雄の囲頭」等の称号を活用し、囲頭村は「海峡第一村」という概念を人々に定着させたが、隣接の塘東村は未だ世間に広く知られていない。事実上、塘東村は観光資源に富み、宣伝の欠乏が原...[明細]
かつてはアモイしか聞いたことがなかったかもしれないが、福建アモイに来た以上、アモイから100キロほど離れた歴史豊かな町――刺桐を知る必要がある。新幹線で何十分しかかからないこの美しい町は今泉州という名を持つ。ここは、中国海のシルクロードの発祥地で、その美しさを全て味わいたければ一日では足りない。ユースホステルのベッド+地元の料理+歴史文化のある古い建物+美しい海岸線+バス代、3日で一人当たり約500元。きっと低コストで深みのある短い旅になるであろう。二泊三日ツアー1. 初日、巡り巡っての古い街、一日中観光を満喫しよう。朝天門-北門街-二院-新街-旧館驛-城心塔-鐘楼-元妙観-承天寺-百源清池-清浄寺関帝廟-天后宮。道沿いに美味しい食べ物が満載。肉粽から四果スープ、テングサゼリーから好成財牛肉...[明細]
恵安女は福建泉州恵安県恵東半島の海辺にある特殊な一族に属し、彼女たちの独特な衣装と勤勉な精神が世界に知れ渡っている。恵安女は狭い意味といえば、実は恵東女であり、主に福建恵安東部の崇武、山霞、静峰と小岞四つの町に分布し、正真正銘の漢族である。恵安女の黄笠は、まるで太古から曲がりくねった時間トンネルに沿って飛んでくるUFOみたいなものである。 正確に言うと、恵安女はすべての恵安女性ではなく、特に恵安東部崇武の沿岸に生まれ育つの女性を指している。恵安県から出発すると、たくさんのバスがあって約40分ほどの行程を渡って、 崇武古城に到着すろことができる。崇武古城は福建省東南沿海の傑出部に位置していて、三方が海に向き、西が大陸とつなぎ、地勢が大霧山脈から起伏し続き、曲がりくねり、非常...[明細]
福州から泉州に駆けつけた午後、春節なため、バスが町の中心で渋滞するほど、街は非常ににぎやかであった。そのとき私の目に入ったのがポーチコ建築である。アモイの傍にある町としての泉州で、魅力にあふれる旅がここで本格に始まったのである。昼と夜の様子   東街と西街は泉州の中心地域と言えよう。大きな粽を食べたければここが正解!私は侯阿婆のが一番美味しいと思う。侯阿婆の粽は出来立てで、新鮮な味を堪能できる。泉州の大粽、タレがなければ成り立たない、タレを付けて食べるのがルール。西街には非常によく保存されている開元寺があり、入場料も気軽なお値段。弘一法師がここで長年修行をしたため、記念館には弘一法師の生涯が詳しく紹介されている。前に霊隠寺で弘一法師の記念館を見学したが、ここで法...[明細]
清源山は泉州市に位置し、泉州市の代表名所として他の景勝地に比べると、より文化的な歴史感が漂っている。清源山は最初に秦代に開拓され、唐代の発展を経て宋、元代に全盛期をむかえている。山の上に沢山残されている文物古跡の中に、一番有名な宋代の老君石像、九日山の祈風石刻等がある。清源山は中国名山中の一つとして、国家自然と文化両遺産、国家級5A景勝地、道教聖地の呼び名もあり、古くから「中国大地を回り、清源山で悟る」の説がある。景勝地は清源山、九日山、霊山聖人墓の三つから成り、総面積62km2、主峰標高498mである。清源山は冬暖かく夏涼しいのう温暖湿潤気候なため、一年中四季の観光に適している。チケット:正門/30元、老君岩/15元、賜恩山/15元、セット/50元、年間/80元。交通手段:観光バス601線...[明細]
心と自然との距離が近ければ近いほど、人は物騒な世から遠く離れる。月の湾・三明客家文化園、物騒な世から離れるが、都会とは離れない。「三明濱江観光回廊の中で最も綺麗且つ貴重な山水墨画」と称賛されている。純粋な山水田園と陽光雨露、奥深くひっそりとした林、つややかな緑の竹林、咲き乱れている色とりどりの花や草、また、素朴な客家風景、このような自然の洗礼に恵まれることは、気分のよい生活に導くであろう。月の湾は客家民俗文化・生態養生文化を主題として、文化観光・レジャー・飲食宿泊・ビジネス会議という総合的な文化観光区の構築に力を入れている。 葛藤凹スタジオの写真古代のイメージを感じる村、人情味のある素朴な古い建物、古式ゆかしい軒、唯一無二の長町、別様なスタイルや雰囲気を持つ民間老舗、客家先祖の痕跡があちこち...[明細]