棚田はカメラマンの尤物である。元陽棚田、龍脊棚田は多くのカメラマンが日々思う所である。行ったことのない人々にはこの話しをすると、目がキラキラと光れ、涎を垂らす。行ったとしても、みんなまた行きたいらしい。何度も行ったとしても、まだ意を尽くしていない人までもいる。これに比べて見ると、福建尤渓の聯合棚田はまるで深層のお嬢様のような存在であろう。  従来から「八山一水一分田」と言われる福建にも多くの棚田があり、中国国家地理雑誌によって、主に尤渓の聯合棚田、寧德猴盾の畲郷棚田、浦城の丹桂棚田、福州閩清の巫岭棚田、永泰赤壁の千年古棚田、南靖の土楼棚田などの七、八種類の棚田があるという。  福建出身、特に山の奥から出てきた私にしてみれば、田園と土地に対して生まれつきの感情を込めている。このような私は棚田を...[明細]
生活は絶えずの体験を受けながら成長するもので、今回は泰寧の旅である。    まず、私は大金湖観光地に行った。丹山と碧水で構成される大金湖で、山の俊逸と、水の優雅が柔和相済で、豪気と婉曲の相補が見られる。船室の外に立って、顔を軽く吹くそよ風が、心にしみわたる。水面で徐徐と進み、目の前に丹霞の懸滝、お互いによさを競う峰々が溢れ、角度によって景色も全然異なるので、遊びふけって帰るのを忘れるほどの美しさと言える。    ここに遊びに来ると言わざる得ないものは独特な丹霞地形である。同種類の地形と比べると、ここの丹霞地形は面積が広く、タイプが揃い、奇峰が多いの特徴があり、観光客は遊覧船を乗るだけで、その独特な地質構造を見える...[明細]
金湖に夕日が落ちるのは、金湖の最も輝いて、素晴らしい景色で、多くの観光客にも珍しい景色である。金湖は世界地質公園、世界自然遺産地の泰寧県にあり、県都から約8キロ離れ、福建省の最大の人工湖である。独特な丹霞地形観光地としての金湖は、すごく美しい:「碧水丹山、秀麗な金湖」は自然景観の美しさ、「土地に一柱が挿し込んで、瓦一枚もない」は建築構造の美しさ、「仙寿は吉祥を現れ、丹崖は祥瑞を捧げ」は懸崖にある彫刻の美しさ、「男前は聳え、恋人は寄り添い」はトーテム崇拝の美さ……明の時代の礼部主事の池显方は「千尋図画展、一片绮霞紛」の詩文で金湖風光を総括し、その描きはすごく適切である。ただし、金湖の夕日の美しさと壮観は、金湖の秀麗な景色の中で、さらに泰寧県にある多くの観光地の中でも一位になっている。それは夕焼...[明細]
閩江は源である建寧即ちここから発祥している;福建省山の頂点として最高峰の一つである建寧金繞山はここにある;ここの地質や地形は27億年前から形成したので、福建省土の母ともされている。ここはまた「中国建蓮の郷」、「中国黄花梨の郷」とも呼ばれている。これらの有名な称号以外に、人々の視線を引くのが、山を覆い渡すほど咲いた桃と梨の花、鴛鴦湖の上に水を楽しんでいる鴛鴦と白鷺、金繞山「一覧衆山小」の壮大な勢いである。   「中国黄花梨の郷」として、建寧県所々に梨の木が植えている。3月21日となると、ちょうど24節季の「春分」なので、建寧県12万ムーの桃と梨の花が咲き、丘全面を染め、春の白雪のように大地へ舞い降りて、人々の注目を奪っている。鴛鴦湖は全国の「建蓮の郷」である建寧県...[明細]
桂峰村は福建省三明市尤溪県洋中鎭の北東に位置し、海抜550メートルで、半高山谷である。山々に囲まれ、雲霧で付きまとい、どこまでも山紫水明である。気候が穏やかで心地よいここは歴史上に「山中理窟”」や「雲霞仙境」などとも言われている。2003年1月、福建省人民政府に「歴史文化的な名村」と認定された。尤溪の棚田から下りて、もう正午過ぎの時点になった。桂峰村に着いた時、天気は完全に晴れ切り、太陽も久しぶりに笑顔を出してくれた。その時、本当に一刻も早く雲山村へ日没の撮影に戻りたい。近年来、政府も桂峰古村の開発に専念し、今は村道の増築など盛んに土木工事を興している。交通が一時的に不便であるにも関わらず、観光客が絶えずに各地から集り、バスや車の陣が村口に並んでいる。中に鉄筋コンクリート造の現代建築物があっ...[明細]
鉄道文化公園は鷹潭―アモイ線の延長線の所として、近年改築されてから鷹潭―アモイ線の歴史を語る文化公園になってきた。だが、その前この鉄道路線は何年も廃置された。晴れる週末、三角梅各種で公園の両側がいっぱいになって、そのおかげで、静かな古鉄道は生き生きとなってきた。これは鉄道公園複数の入り口の一つである。その脇の道から万石植物園、金榜公園、海濱公園、中山公園四つのスポットに繋がる。交錯している芭蕉の葉は太陽の光に映えて、互いに寄り添ったり、重なったりしていて、木目までもはっきりと見える。トンネルの両側の壁に書いてあるのは鷹潭―アモイ線の発展の歴史、アモイの過去、現在及びアモイ市行政関連の未来図のようなピンク色の三角梅は正に史上最も写りのよいものと言えるでしょう。アモイ市のシンボルの花として、道の...[明細]
アモイ、綺麗な沿海都市である。アモイに行ったことがあるとしても、それは恐らく鼓浪嶼と環島路でしょう。さて、今からそれらの雰囲気と全然違う別様なアモイを楽しんで見ましょう。  人でいっぱいになった有名な観光スポットほど名を馳せないが、五縁湾湿地公園は旅を十分に楽しませるほど絶対に行き甲斐のある場所である。  最高の観光期間 春夏  チケット フリー  交通 アモイ島には直行バス182路「SM都市広場―五縁湾湿地公園駅」、102路「前埔バス場駅―五縁湾バス場駅」、6路「アモイ汽車駅―五縁湾運営中心駅」などがある。 アモイ五縁湾湿地公園はアモイ五縁湾地域の開発につれて発展してきたプログラムである。敷地は鼓浪嶼の半分で85ヘクタールに当たる。アモイの最も大きな...[明細]
アモイは心地がよくされる都市である。私は一月にアモイを訪れたが、すでに始まった北方の冬と比べて、アモイは依然として活気にあふれていて、想像より寒くなかった。鼓浪嶼は中国では最も有名な島の一つとして、観光プロジェクトも多くて、アモイに行ったら必ず訪ねるところである。南普陀寺とアモイ大学は同様に素晴らしい観光地で、古刹の平和さと名門校の学風を受けられる。最後、アモイの砂浜で思う存分に海と砂浜の魅力を楽しめる。 鼓浪嶋はアモイ観光の必ず行くところだから、今度の旅行の第1駅にしました。今、鼓浪嶋に到着するために、地方の観光客は昼間に東渡クルーズ客船センタ―埠頭でフェリーに乗らなければならない。島に上陸するのは無料だけど、島の中に観光スポットによって入場料は違いので、フェリー埠頭で通し切符を...[明細]
週末に所在なさだから、友達と運転して厦門本島以外に位置する同安に遊びに行ったが、主な目的地は閩南名刹——梵天寺。梵天寺は福建に一番早い寺の一つで、隋開皇元年(西暦581年)に創立され、その後軍閥に焼き払うことを備え、今の梵天寺は1997年9月に復建された寺である。梵天寺は閩南の民間にはずっと人望が厚く、特には摸骨が得意で有名な高僧がいて、多くの顕官貴人が彼に会いに来て相談をしたことがあるそうである。もちろん、これはただの街のうわさで、信じるかどうか、自分次第である。梵天寺は同安城の北東に、同安一中の隣に位置する。同安一中も梵天寺としっかりと隣接するからこそ、梵天寺の中の奎星殿の奎星に加護され、奎星とは、我々の生徒がひれ伏して拝む文曲星で、だから、同安一中の大学入試の成績はいつも厦門で上位にな...[明細]
もともと8時に出かけようと思ったのに、結局妻と二人とも寝過ごして、9時過ぎまで寝てしまった。急いで荷物を片付けて朝ごはんを食べてから出掛けました。ただいま閩粤料金駅までたどり着き、料金駅を過ぎてから少し進むと、広東を遠く離れていた。厦門に到着した時は、ちょうど正午にあたり、真っ先に潮州料理美食家張新民先生に勧められたレストランの融絵で食事をして、多国料理、幾つかの料理を注文したが、いずれも美味しいものであった。大人2人と子供2人の4人で、最後の食事代を清算したら150げんになって、お買い得!2人の子供は海苔炒飯が大好きでしたが、私はこの胡瓜の種とニンニク肉炒めが大好きでした。何本も胡瓜を食べたかがさっぱり知らなかった。南普陀夏の蓮多くの寺に行ったことがあるが、今のように寺を市場化にする時代で...[明細]