小嶝島はアモイ十大美しい田舎の一つで、福建十大最も美しい田舎の候補リストにも入選されたけど、結局アモイの呂塘村に負けてしまった。呂塘にも小嶝にも行ったことのある人は、きっとびっくり感じる、なぜこんなに美しいところは落選になったのか、私もわからない、近地の友達からわけを聞いたが、やはり民間での噂に過ぎないので、信頼できるかどうかわらないから、ここでこんな話を書かない。このような砂浜に身を置くと、名残り惜しく去り難いだろう?小嶝はちっちゃいが、多くの唯一無二な雄大景観を持っている:長さは約1,300メートルで全島を貫く人工防衛トンネル、宋代の有名な理学家邱葵の旧居、樹齢500年余、今でも毎年に咲く「八閩鉄樹王」、戦地に台湾への放送塔遺跡……その中に一番おおきい景観は岸向こうにある金門島である。両...[明細]
 漳州といえば、有名な“南靖土楼”、“東山島”、“雲水謡”を思い浮かべるかもしれない。六鳌は多い人に知られていないかもしれない。有名さは上述のところと比べたら及ばないが、ここの海は本当に青い。写真を見ればわかるだろう。初めて六鳌を知ったのは週末に友達の写真を見たとき。海辺の風車田で一瞬に目をうばれた。この写真の美しさに騙されて六鳌に来たとのこと、普通に言う。交通/ドライブ交通不便は六鳌旅行の最大な問題である。お金持ちならドライブで行けるが、そうではないならバスで行こう。 二つのバス乗り方式がある。一つは湖畔南バスターミナルで六鳌へ行く直行便に搭乗する。1日中に1回だけで、毎朝の8時50分で発車する。最も重要なのは、この直行便は六鳌鎮へ行かずに知らないところで終点し、すべて...[明細]
東山島は銅山と古称し、福建省の二番目の島である。東山島へ行った人にとても高い評価されたいる。 ここは風動石がとても有名で海鮮も豊かである。東山島の砂はささやかで柔らかくて白い。明るい光ときれいな風車、灯台、海、暗礁、空、鳥の組み合わせで人々の気持ちをのんびりさせ、海を抱かせる。海辺で魚取りの楽しさを体験できるし、漁民が魚取った後に魚を拾うことも気になさらない。気を引かれたか。東山風動石は島民の最も自慢的で大切にしている自然の奇観で、旅行者に最も好かれている美景の一つである。強風が吹く際に巨大な石が軽く揺れるが、倒れることはない。その他、長い木桟道を通して海を観賞できる。まるで海辺のレジセーランドみたい。    古城内に関帝廟があり、武廟とも称する。明洪武二十二年...[明細]
   溯溪は今でも少数派の戸外運動であり、刺激以外に少し危険性がある。でもこれこそは旅行愛好者が熱心する原因である。一つの生活に近く、すごい戸外運動である。一つ一つの桶と似てない。これは漳州詔安の小さな村に隠されている溯溪へ行く絶好な場所――石脚桶。二三百万年前の詔安は今の南極とグリーンランド氷床のように、大範囲で白い氷で覆われる。表層の強烈な衝撃、遊動、研磨で、最終的に深い穴、南方の米を搗く石臼みたいな穴が形成されてきた。自動車は村を着き、みんなは山の深いところへ行く。帽子、タオル、傘、日焼け止め服でよく保護する。日焼け止めはとても必要である。山路に沿ってのぼり、山谷のせせらぎは目の前に現れ、せせらぎの中に様々な形の石がたくさんある。せせらぎは段々大きくなっている。&n...[明細]
1700万年前から今まで、数えない海底火山の噴火を経て海底からこのような火山島が形成され、火山遺跡が残された。——南碇島は楕円球形の火山島で、とても壮大である。このような景色は世界でも唯一である。島には140万本の玄武岩が存在し、意味が分からなくても非常にすばらしい感じがいっぱいである。2005年の「中国国家地理」で中国の絶好な海島TOP10として評価され、「世界奇観」と呼ばれている。(PS:本当にきれい。落ちることはあるか)視野を広げ、遠くから見れば饅頭のような形をしている。上には点があり、それは灯台である。面積は0.07平方キロメートルしかなく、漳州前亭鎮臨海の所に位置している。  もちろん、このような美景は簡単に見られない。登録できる埠頭がなく、風が強いため、島に上...[明細]
ある人はパックツアーって言う旅行スタイルが大嫌いけど、私はそう思わない、アモイで旅行する時ついでに土楼に寄りたくて、日帰りするなら、やはり一番便利なのはパックツアーだろうね!    何故自由旅行じゃなくて団体旅行を選んだの?    理由一:観光地の中では観光スポットが分散し、自由観光客は繰り返して車に乗る必要があり、時間的にもチャンと把握できない。    理由二:ここは単純な観光地ではなく、人文文化を持っている素晴らしい所であり、初めて土楼を訪ねる人は、土楼の物語を知らないと、その美しさも充分理解できない。団体旅行なら、ガイドは土楼毎の物語を詳しく説明することできっといい旅になれる。 さあ、私と一緒に南靖土楼の旅に行こうよ...[明細]
s字型の渓は山に沿って流れていき、清風の匂いは山中に漂っていて、超然とした桃源郷の錯覚を感じれる。   南国の卿、塔下の村。 ここの物語は元代末明代の初期から始まり、600年余の時を語っている。塔下村は中国において典型的な客家村落である。沢山の人に羨ましく思われている土楼は、ここにも一つあり、有名な傾き倒れ姿で斜めに立っている。福建省西南部では高山と林がこんもりしているため、盗賊と猛獣がよく出るのと、各民系と村の間に時々紛争も生じたりするので、村人は住居と防衛等の機能が一体化となった土楼を沢山築いた。(喧嘩時は多人数、食事時は少人数)家屋は山・河に沿って建てられている。夕日が斜めに射して、渓水の流れ音は耳に入る。隣に可愛い女の子/イケ面が更にいれば、想...[明細]
嵛山島という人知れぬ小さい海島は、ある日空を切り裂くように、いきなり「中国美しい十海島」とまで讃えられるのは、なぜでしょうか?たった南国の一つ小島でありながら、広い北西草原の高山の芝生が生えています。イメージ:ネットユーザの小屹島には淡水湖があるが、海島には淡水が珍しいですよ。透き通る水は、ご飯、海老料理、そして魚湯の料理にも使えます。ここはよく霧が降るのです。そうだ、間違えなく、名高い「雲の海」です。PS:ここに二人で行った奴は抱きし合ったりして体を暖かめることができるからともかく、一人で行く奴に残された道はたった一つ、服を持っていけ!イメージ:ネットユーザの小屹広い北西と思うと、無人地帯を思いつくだろうが、ここ山の下には漁村がありますよ。イメージ:ネットユーザの小屹高山の芝生が飽きたら、...[明細]
今年の夏の暑さは、もはやかつて美しい浜辺を伝説に変えてしまい、こんなに大勢の人が浜辺に押し込まれることを目にしたら、この暑さからの逃げ場を探さないとでも思うでしょうね。そんなに遠くなく、福建付近の谷間で澄ました川であって、卵のよい形をするすべらかな石の上でズボンを巻き上げて歩き、膝まで水没するほどの深さでもない所がいいですね……皆さんの知ってる通り、われわれ福建では山が多く、水が多く、水を楽しめる所も多いのだが、その中でも屏南地方の白水洋は数えられるほどの場所に一つなのです。白水洋に遊びに来たことのあるお方には、きっとその美しさを忘れないのでしょう。白水洋はどうしてそんなにいいのですか?それは水に踏み込むことに非常に向いてるから、夏というとお定番ではないでしょうか。その優れてる所とは、河床は...[明細]
太姥山、「越人天姥を語る、雲霓明滅或は睹(み)る可しと」という李白の詩句を知っていたきり、もう私の今度の福建への旅の中、行かないわけにはいられない場所になってしまいました。しかも、寧波から太姥山はそんなに離れてはいないし、動車の直行便で太姥山までは、わずか二時間四十分というので、目的地はこれで決まったわけです。 二泊の旅の中、なんだかこの太姥山以外に別の場所へも足を運んでみるといいと思ったが、後は、半日ちょっとすぎで太姥山を全部回ることもできるということも事実から証明されました。そして、ネットから嵛山島が目に入ったんだが、ここは「中国国家地理」という雑誌によって「中国でもっとも美しい十海島」と讃えられ、島では景色がよくて、湖とか高山草場とかあって、山と海が繋がってるらしいです。&n...[明細]