陶渊明の筆下の「桃源郷」は自然で、静かで、素朴で神秘な所であります。龍岩市の新羅区の万安鎮の竹贯村はこのような仙境であり、深い山の中の輝かしい真珠のようであります。竹贯村は龍岩の山々の丘陵盆地に位置し、省レベルの歴史文化名村として、今年は今年又被住建部、文化部などに第二ロットの中国伝統村にリストアップされました。ここでは、時間が遅くて、人々の心は沈殿され、最後に平静に来されます。小さい村には古跡が多くて、浪門金錠の廊橋、積霊宫、観音廟、関帝廟があります。村には古い木は高く聳えて、小川には小橋がわたっています。竹贯の美しさは、その自然霊動にあります。清くて底も見える小川は村を抱いて流れ、様々な野花と緑な木を育成しました。その山水と花木に歩いて、大自然の不思議さを感受する以外、こんなに完備な桃源...[明細]
非常に不思議な土楼に関して、永定人は興味深そうな伝説があります。それは六十年代の初めごろ、アメリカの中央情報局は衛星写真から福建省の西部の山々の間に、原子炉うみたいなものを発見したので、本当にホワイトハウスをパニックに陥らせました。アメリカの情報人員は自ら土楼を訪れて、やっと疑団を解きました。それから、千年も存在する客家土楼は天下に有名となりました。その方形または円形な世界は、不思議で、素朴で、壮観で美しくて、人の心を引きつけます。それで東方の古い城堡と誉められました。厦門から永定の高北の土楼群までは、毎日旅行団があり、一日旅行は昼ごはん、ガイド、チケット、行き帰りの乗車券を含めて、全部で120元人民元/人かかります。泊まるホテルに予約して、次の朝旅行車は迎えに来て、サービスがなかなか全面的...[明細]
今日は「永定土楼」に見学に行きます。行程と景区の状況を分析して、やっぱり旅行団に従って行ったほうが自己で旅行集散地から行くより便利で安いため、旅行団に参加して行程に入れ、価格は118元/人で、旅行社はホテルまで迎えに来られるし、集散地に行かなくても済むため、非常に便利であります。土楼—闽西龍岩地区の客家民居建築群は方形、圓形、八角形と楕円形などの形状があり、歴史が悠久で、種類も様々で、規模も大きくて、造形が美しくて、結構が巧みで、効能も揃っていて、科学で実用性が高く、特色があり、極高い歴史、芸術と科学価値が富み、「東方の古城堡」、「世界建築の奇抜」、「世界で唯一無二な建築」と誉められて、世界民居建築の芸術の林に立っています。「永定土楼」は現在の永定県にある土楼のことであり、今日我々が見学予定...[明細]
永定の客家土楼は確かに見る値があります。唐、元末明初の時に出現し、だんだん現地の人に受けられて、ガイドの話によると、土楼の建設は当時の闽南の匪賊の侵犯に関わり、それは終始に客家人は自衛して敵を撃退する丈夫な城であります。洪坑村の名所の正門を沿って中へ歩き、最初に我々の眼球を引きつけるのは振成楼であり、正に目が急に明るくなって、ガイドの話によると、それは洪坑村土楼群の中の最も大きな園形土楼であり、「土楼の王子」と誉められます。永定客家土楼の中に、たくさんの土楼は八卦図に沿って設計され、最も経典的な代表は振成楼であります。振成楼は1912年に立てられて、敷地は5000平方メートルで、懸山頂式な結構で、内外二層にわけられ、楼中楼、楼外は楼があるようなレイアウトとなります。外楼は4層があり、毎層は4...[明細]
春節が来て、悠遠で居心地がよい鳳凰古鎮に行きたいが、遠くて人混みで怖かった。実は古鎮に行きたいなら必ず鳳凰に行かなくてもいいでしょう?古くて移り変わりを経過した城壁は、優しくてのんびりした時間、今日は小編はあなたを連れて闽西の古鎮に入り、古街、古寺、古坊、古道の美に酔おう...培田民居というのは福建省の闽西山区の連城県の培田にある明と清の時代の古民居建築群のことであります。それは800年の歴史でもある村であり、現在中国で保存がもっとも完備な明と清の時代の客家の古民居建築群であり、永定土楼、梅州围龍屋と匹敵でき、客家の建築文化の経典作と言えます。村の中心は千メートルの古い町であり、村を貫通して、そばの古祠、民居、店舗は培田の重要な商業市場であります。伝説によると、繁盛な時に町には数十あまりの店...[明細]
西湖は今まで福州での保管がもっとも完備なクラシック園林であり、「福州園林の明珠」と誉められました。福州の西湖公園は杭州の西湖と比べて、もっと繊細で、人に庶民のお嬢さんのような印象を与えます。交通:88番バスを乗って双安城駅で降りて到達できます。週末又は休みの日に、西湖公園は非常に賑やかで、殆ど家族が子供を連れて遊ぶ場面で、非常に温かいのです。一人で園内で歩き、随意に歩いたり停止したりとします。青々と茂るカジュマルの木の下に散歩しながら、清い風が顔を吹いて、緑の蓮の花を見て、どんなにのんびり体験でしょう。目を奪う鮮やかな赤い色の花。青々と生い茂る木。東屋と橋と楼閣が、タイムスリップしたでしょう。朝の山の小道...静かな西湖は、偶然な少しな波であっても、静かの中の美に感じさせます。福州は今までに...[明細]
前書き:時には、人間は急に旅行に行きない時があり、それはどうしてでしょう。リッラクスしようとする人もいるし、寂しさを釈放しようとする人もいるし、ある時、人間は自分が何を必要なのかは分からなくて、それで旅行に出かけます。朝九時に福州に着き列車で、良く寝れたし、予約のホテルに着いたら、まず荷物を整理して洗面をして出かけました。フロントの人に少し聞いてカバンとデジカメを持って、地図を買って、三坊七巷の方へ出発しました。福州は有名なカジュマル城であり、市内のカジュマルの木がとても多い。三坊七巷は歴史文化も有名な町で、基本的に唐と宋の時代に残った坊巷のレイアウトと大量な明と清の時代の古建築を保留し、ここは林則徐、郁達夫人の故居であります。休みですが、人が多くて、でも厦門の鼓浪嶋の比べて大した人数ではあ...[明細]
最近、国務院の指示で半日の休みを多く取れ、楽しくて、やっと道楽を尽きすことができ、以前が夢でも遊びに行く勇気もない活動をしたいと思いました。それで衣袋の中のお金を全数出して計画しようと思いましたが、人民元の切り下げが私の全く関係が無いけれども、あんまり多くなお金がないので、心が詰まっています。後でじっくり考えると、やっぱり自虐な活動をしよう、このいきいきとする熱い胸を釈放できるように、後のボロボロな生活に満喜に戻れるように、行きましょう。美しい写真を貼り付けて文章を押さえましょう。自虐場所:十八重渓自虐グレード:★★★★特別注意:雨の季節に謹んで考えてください、自虐だといっても命を捨てることではないから。ボロボロな人生をよく歩いていかなきゃね。現代人の旅行はいつも極速な交通ツールを借りて、ま...[明細]
福州を言えば、三坊七巷に行かないといけません。福州に来る前に、友達は冗談みたいに、林平之の故郷——向陽巷を訪れにいってください。向陽巷を見つからなかったが、民族英雄の林則徐が過ごした宫巷を見回しました。白壁と黒レンガこの街に、坊巷が縦横に入りまじって,石板が敷いています三坊七巷は福州の歴史の元であり、文化の根でもあります。晋、唐が成立した時から、ここは貴族と士大夫が集中する場所であり、清から民国までますます輝きになり、国内で現在に存在するもっとも規模の大きくて、保護が完備な歴史文化町であり、全国でも珍しい古建築の一つであり、「中国都市の里坊制度の化石」と「中国の明と清時代の建築博物館」だと誉められます。「素人は騒ぎを見」——分からなくても、三坊七巷が人傑地霊で、たくさんの名人がここから出たと...[明細]
春には花が咲く~その通りであります。この花が咲く季節に、出かけて「のんびり」に行かないと、そのいきいきな春に残念を言わなければいけないでしょう~あなたは花見が好きであれば、百花が盛んに咲く季節に、出かけて「楽しんて」ください、フラッシュを押して満足まで取れるところがここです。福州森林公園の桜、桃花最近の市区での人についささげる場所は森林公園であります~週末の天気がいい時に、人は人は人はがあちこち人で、.....もちろん人がここに集まる理由としては、ここが百花が盛んに咲く最中で、鳥が歌いながら花が香りよいから、ハハハ。公園の中には1500本の桜木があり、ピンクの日本桜と、白いと真っ赤な台湾桜と福建の山桜が早春の桜であり、花の開放期間が短くて、花が咲き時間は一週間しかない。でも、花が落ちる時でも...[明細]