最近、国務院の指示で半日の休みを多く取れ、楽しくて、やっと道楽を尽きすことができ、以前が夢でも遊びに行く勇気もない活動をしたいと思いました。それで衣袋の中のお金を全数出して計画しようと思いましたが、人民元の切り下げが私の全く関係が無いけれども、あんまり多くなお金がないので、心が詰まっています。後でじっくり考えると、やっぱり自虐な活動をしよう、このいきいきとする熱い胸を釈放できるように、後のボロボロな生活に満喜に戻れるように、行きましょう。 美しい写真を貼り付けて文章を押さえましょう。自虐場所:十八重渓自虐グレード:★★★★特別注意:雨の季節に謹んで考えてください、自虐だといっても命を捨てることではないから。ボロボロな人生をよく歩いていかなきゃね。  現代人の旅行...[明細]
平潭は本当にたまらないほど美しくて、空も水も蒼く、砂が白くて石が細かく、済州島を超越したとも言えます!しかも済州島ではこんなにきれいな砂浜はありません!見比べした後さっそくホテルを予約したが、8月の4.5星のホテルの部屋まで売り切れそうになるとは思いませんでした。一泊のコースでおよそ900元ぐらいです。次は、これについてゆっくりと話しましょう。平潭に来るのはほとんどアウトドア団体なので、普通の旅行会社は平潭のコースをあまり営業しないから、すっと平潭のことをただ目に見えたままの漁村にすぎないと思っていました。しかし、いったんダウンタウンに来ると、心からは喜び声を上げ始めたのです。西航通りには全部、統一に計画されて建てられ、外部は一致に飾り付けられ、ネオンが輝いてるホテルと分譲住宅ばかりで、車が...[明細]
この文章を書いて皆さんのご参考になりたいと思います。「福建のハワイ」という名には相応しいですか?何と言うか、大陸から多く離れて、台湾の新竹にもっとも近い人が住む島だけどね。島にある「海壇天神」は横になっている男に見えのです。石部屋は島の特色で、2つの村があるが、莆田の方言を操ってることはちょっとおかしいです。昔は台湾との貿易で繁盛したこともあったが、今になって落ちぶれる貴族ですね。夜と酒と歓談、人生は苦しくて短いものだなと嘆いた兄さんと姉さんよ、世界との距離は、ただこのテントにあるのですよ。島はまだ完全に開発されないから、旅行する人が登るのがちょっと面倒、毎日の船便は2、3回しかありません。ここは、一人で休むこと、二人でささやくこと、多くの人達と盛り上がること、どれにもいい場所ですよ。砂浜は...[明細]
初めて平潭島を知ったのは、友人はそこに家族があるからだったが、以降は平潭総合試験区ともなり、台湾との交流の前線になりました。しかし、私をそこに足を運ばせたのは「色とりどりの城」と言われる石厝と美しい砂浜でした。【石厝:墨絵と油絵のような石部屋】    平潭島には岩が多いの上で、四面も海、風と波は長年大きいから、普通の建築材料ではとても「耐えられない」とのことです。そして平潭の人達は現地の花崗岩という材料を利用し、建物に用いました。まず岩をそれぞれの大きさで四角い形をする塊にして部屋の主体とし、屋根は「人」の形にし、ひさしを取り消したのです。次は、アーチ形のかわらで覆い、大きい風に備えるために大きな石を数多く押したのです。平潭では、村があるところは石厝も...[明細]
平潭は福清から本当に遠いとは言えないのに友達から何度もの誘いのもとで行ってみようかなと思った私は、結局、平潭という所を好きになるようになってしまいました。自分の所見と感想は、きれいな言葉ではなく、そのまま記録したいのです。パッケージを背負った私は平潭への道を出発し、福清から平潭までの車が割りと多いことに気づき、15分間ずつ発車があるが、値段は23元でした。2時間してから平潭に辿り着いた私を迎えに来た友達に連れられ、現地の軽食を食べに行きました。距離がそんなに遠くない町同士だから、食事についてあまり変わらないだろうと思い込んだ私は、実際食べると、近いけど味は違うところがあると分かりました。友達が私にすべての軽食を食べてもらいたいという気持ちも伝わってきました。蛎餅:時来運転:光餅:一番目の予定...[明細]
「平潭島、石だらけで草はない、風と沙が走り回るように、部屋は堡塁のように……」という古い歌が前世の平潭の寂しさを語ろうとしています。島に花崗岩が多く出産するに従って、人達はそれを現地の原材料として利用し、建物を作りました。堡塁のような石厝は、古から古風な姿のまま、舞台のような風景を遂げるが、風俗独特な民家であるとともに、海島の祖先が「天地と戦う」知恵の結晶でもあり、世界中で頑張っている海島の子孫が胸に抱いてる故郷への想いを乗せ、平潭観光の新しい名刺になりました。次は、石厝を楽しめるあまり知られていない場所を、いくつかご案内させていただきます。大練郷漁限村大練郷は福建省平潭県の北西部海域に位置し、人が住む大練島と小練島と、60個の無人島からなっています。大練郷漁限村の石部屋も山の傍に建てられ、...[明細]
ルームメートから紹介されたのことだが、平潭の環境がとてもよくて風土も純朴だそうです。大きさからというと、平潭は中国の第五位まで数えられ、大陸から台湾に一番近い島であって、福建では「モルジブその二」とも言われています。今度の清明の休みを利用して同僚と一緒に平潭へ遊びに行くことにしました。    まず列車に乗って福州まで行ってから車で平潭(チケットは50元、2時間程度)へ行ったのです。無事で平潭にたどり着いた私達はあの龍鳳頭という町に泊まってるが、そこから海水浴場へとは離れていないのです。        特別注意:観光地に出かける時は、どれも必ず5時半までに最初車を降りる所まで...[明細]
春節が来て、悠遠で居心地がよい鳳凰古鎮に行きたいが、遠くて人混みで怖かった。実は古鎮に行きたいなら必ず鳳凰に行かなくてもいいでしょう?古くて移り変わりを経過した城壁は、優しくてのんびりした時間、今日は小編はあなたを連れて闽西の古鎮に入り、古街、古寺、古坊、古道の美に酔おう...培田民居というのは福建省の闽西山区の連城県の培田にある明と清の時代の古民居建築群のことであります。それは800年の歴史でもある村であり、現在中国で保存がもっとも完備な明と清の時代の客家の古民居建築群であり、永定土楼、梅州围龍屋と匹敵でき、客家の建築文化の経典作と言えます。村の中心は千メートルの古い町であり、村を貫通して、そばの古祠、民居、店舗は培田の重要な商業市場であります。伝説によると、繁盛な時に町には数十あまりの店...[明細]
西湖は今まで福州での保管がもっとも完備なクラシック園林であり、「福州園林の明珠」と誉められました。福州の西湖公園は杭州の西湖と比べて、もっと繊細で、人に庶民のお嬢さんのような印象を与えます。交通:88番バスを乗って双安城駅で降りて到達できます。週末又は休みの日に、西湖公園は非常に賑やかで、殆ど家族が子供を連れて遊ぶ場面で、非常に温かいのです。一人で園内で歩き、随意に歩いたり停止したりとします。青々と茂るカジュマルの木の下に散歩しながら、清い風が顔を吹いて、緑の蓮の花を見て、どんなにのんびり体験でしょう。目を奪う鮮やかな赤い色の花。青々と生い茂る木。東屋と橋と楼閣が、タイムスリップしたでしょう。朝の山の小道...静かな西湖は、偶然な少しな波であっても、静かの中の美に感じさせます。福州は今までに...[明細]
前書き:時には、人間は急に旅行に行きない時があり、それはどうしてでしょう。リッラクスしようとする人もいるし、寂しさを釈放しようとする人もいるし、ある時、人間は自分が何を必要なのかは分からなくて、それで旅行に出かけます。朝九時に福州に着き列車で、良く寝れたし、予約のホテルに着いたら、まず荷物を整理して洗面をして出かけました。フロントの人に少し聞いてカバンとデジカメを持って、地図を買って、三坊七巷の方へ出発しました。福州は有名なカジュマル城であり、市内のカジュマルの木がとても多い。三坊七巷は歴史文化も有名な町で、基本的に唐と宋の時代に残った坊巷のレイアウトと大量な明と清の時代の古建築を保留し、ここは林則徐、郁達夫人の故居であります。休みですが、人が多くて、でも厦門の鼓浪嶋の比べて大した人数ではあ...[明細]